ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ペットの密輸と規制(1/9)

投稿日時:
投稿者:USER0114

皆様こん○○わ

以前、輸出輸入でお騒がわせした[USER_NAME]です。
その後、私のジャンガリアンハムスターのもちは親友が引き取ってくれました。
5月に日本に行った際に会ってきましたが、元気で家族の皆に大切にされてました。
彼女も同じジャンハムのてんこを亡くしたばかりで、もちを引き取って可愛がってくれてます。
MLのみなさまの暖かい励まし、ありがとうございました。

帰国後、しばらくはゴタゴタしてましたが、やはりもちが忘れられず、ペットショップにてジャンガリアンハムスターのメスを買いました。(飼い主は私ですが、家族も一緒に可愛がってくれてます。)
その時、いろいろと店員に聞いたのですが、一時期台湾では、げっ歯類は病気を流行らせるというので、飼育禁止の法律まで制定しようとしたらしく、飼い主たちのデモ抗議に遭い、法律制定こそは無くなったものの、輸入は禁止となったと聞きました。
じゃ、今ペットショップで売ってるのは何?と聞くと、まだ初期のころに個人輸入したものが繁殖された子孫だということでした。
しかし、店員さんも「実際は今でも密輸入があるんだよね」と。
私が買った子はお店で繁殖したらしいのですが、やはり新種や珍しい色は密輸入とのことでした。
特に最近、こちらでもアニメの「ハム太郎」が放映され、子供たちに人気が出て、ハムスターを買う人が多くなったようです。

----以下少し悲しい話になります-----

そして今朝、新聞を読んでいたら、沿岸で密輸船が見つかって、中からハムスター類の他、ミニ豚や珍しい種類の鳥が見つかったとの事。
何千匹という数で、箱詰めにされ窒息した数もぼう大だということ、しかし法律に触れたので、全部処分するという記事がありました。
何千匹もの小動物が、人間のエゴの殺されてしまうのは見てて胸が痛みました。
亜熱帯の台湾と温帯の日本では、病気なども違うかもしれないから、人間のためにげっ歯類を禁止するのは、いろいろ調べて納得したけど、こういうニュースを聞くとやはり人間って自然界でももっともエゴの動物だなと思います。

そして最近日本では動物虐待の事件が多いようで、それもやはり見てて悲しいと思いました。

せめて私に出来ることは、自分の家で飼っているペット達を責任持って大切にしていくことです。