ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの輸出・輸入(4/15)

投稿日時:
投稿者:USER0164

MLの皆さん こんにちは [USER0164]です

このところのハムの輸入に関する話題、興味深く思ってましたので海外査証関係の仕事をしている主人に聞いてみました。

●ハムスターの日本への輸入は可能、現在は検疫も必要無し(ただし、これは国によって許可がおりない場合もある)
 
●飛行機内で客席への動物持ち込みは、いつ、いかなる場合でも不可
 
●旅行者荷物として動物を同行させたい場合は、あらかじめ搭乗する飛行機会社の許可を得ておかなくてはいけない。
  
(理由 その1)
旅客機に搭乗できる動物は、1種類につき1匹(1頭)までと規定されているため、他の搭乗者の同行動物と重ならないように事前に予約の段階で調整・確認する必要がある

(理由 その2)
旅客機に搭乗できる動物は、飛行機会社が用意する専用のキャリーケースに入れられたものに限られる為、予約の段階で動物の種類・性別・大きさ(体長と体重)を申請して、専用のキャリーケースを搭乗日に用意しておいてもらう必要がある

以上のような理由で、短期の旅行者が旅先で調達した生き物を飛行機で持ちかえるのは、まず日数・時間的に無理だとの事です。

時々、動物をカバンの底や衣服の片隅に押し込んで隠して無理矢理密輸しようとした人が、見つかってニュースになったりしていますがあれはワシントン条約で輸出入が禁止されている生物なので許可が得られない為こっそり密輸している、という場合と、短期旅行では手続きの時間的に無理があって飛行機会社の許可が得られないため無理矢理に隠して持ってきてしまう人の2種類がいるそうです。

そうやって密輸されてきている動物がいる事は事実ですが、現在は昨年のテロの影響で、手荷物の検査も身体検査も、非常に厳しくなっており、各空港での手荷物検査用の透視機械も、かなり優秀な物が導入されているので、隠して持ち込むのは、まず無理だろう、との事。

海外に滞在していた人がペットを連れて帰るために事前に検疫や航空会社の許可をキチンととっている場合や、動物の輸入業者が各種の手続きを行って、エアーカーゴ(荷物専用機)などで、大量に輸入する場合等を除いては、一般の旅行者が短期のツアーで動物を同行させるのは、まず無理だと考えた方がいいんじゃないかと思います。