ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの死産・流産の原因(4/6)

投稿日時:
投稿者:USER0335

[USER0335]です。

詳しい方に色々聞いて、今回の死産の理由を分析してみました。
まず、きなこはプディングなのですが、プディングというのは近親交配が進んでいる個体が比較的多く、そういう個体は見た目よりも実は骨格が小さい事があるのだそうです。

最近は、いろんなショップで観察していても、骨格に問題のありそうな個体が数多いと思っています。プディングは、我が家にたくさんいますが、何れも骨格は大きく、身長(?)体重!とも立派な子が多いです。まぁそういう個体を選んで繁殖させているのですが(^^;;
今は、プディング等の新しい毛色に限らず、ノーマルでもサファイアでも非常に危険性を感じる個体が増えてきてるようにな気がします。
飼い主として、繁殖させる個体には、十分気を付けていきたいものです。

きなこは体重にして30グラムちょっとで、見た目も結構小柄です。
そして、出血があってから出産までの日数を考えると、胎児が育ちすぎて大きくなりすぎていたのでは、と思うのです。

ほんと、ちょっと小柄ですね。小さ目の個体は、近親交配に限らずいるとは思いますが、繁殖となると、つい大きくてがっしりしたメスの方がいいのかなぁ・・・なんて素人考えを持ってしまいますね。

うちの子のように、体が出産に向かない個体、もしくは性格が出産・育児に向かない個体も結構いるのではないでしょうか。

これは、確実にいると思います。(勿論少ないとは思いますが・・)また夏は繁殖に向かないこともあるかも。
冷房等で温度管理していても、夏はハムの体力を奪いやすいと思うので・・

長々とスミマセンッ(^-^;;

詳しく報告していただいて、参考になった方もいると思います。
次は、かわいくて元気な仔ハムが誕生するといいですね!