ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

死産・流産でハムスターが母子共に死亡(1/7)

投稿日時:
投稿者:USER0038

[USER0038]です。

MLたちあがってめでたい時に、しかも朝からちょっとくらい話題にな
りますが....同じ過ちを誰かが繰りかえさないためにも。

一応 ^L しておきます。雰囲気で読みたくない方はとばしてください。

今日、明日あたりココアとクッキーの間の子が生まれる予定で、また> 数がどっと増える事でしょう :-)

と書いていたんですが、今さきほど嫁さんから電話がありまして、クッキーが他界しました(;_;) いろいろ原因は考えられますが、とりあえずは出血多量と衰弱が主な死因のようです。子供も何匹いたのかわかりません(まだおなかからでてきていなかった)が全滅です。
数日前から、確かにだいぶ弱っている感じはしていたし、あまりエサも食べていないようだったので、心配はしていたのですが最悪の結果になってしまいました。

思いつく原因をふたつほどあげてみましょう。
1. 若すぎた?
クッキーは4月22日に生まれた子です。ココアとつがわせたのは6月7日ころ。ですから大体7週目くらいで結婚したことになります。手元にある飼育書では大体5週目くらいから交配可能とあったので、少し早い気はしたものの、まぁ大丈夫だろうと考えていましたし、先週くらいまでは順調にきているようでした。やはりゴールデンとは成熟の度合いも違うようです。
2. 飼育環境?
先週の中頃まで、ケージ(カゴになったやつ)に入れていました。
彼女はもともと活発な子だったので、身体が重たくなってきているのにもかかわらず、壁や天井にぶら下がっては、ドスンと下に落ちるというのを繰り替えしていました。おなかが目立って大きくなってきているのに、あいかわらず止めそうもないので、先週末水槽の方に移しました。この時すでにおなかをうって流産仕掛かっていたのかもしれません。もしくは出産直前になって環境をかえたのがストレスとなっていたのかもしれません。いずれにしても水槽にかえてしばらくしてからだんだん元気がなくなってきていたのは確かです。

他にもなにか私たちの気が付かなかった原因があるかもしれません。
これまで2回続けて繁殖に成功していたので、調子にのっていたのかもしれません。比較的繁殖させやすい動物であるとはいえ、やはり身体の小さな生きものです。ちょっとしたことがすぐ命取りになります。
皆さんも繁殖させる時はきを付けてあげてください。

わが家では当面繁殖はさせないでしょう。もともと今回のでいったんやめて、また涼しくなってきたら...とは考えていましたが。

動物と暮らしているといつかは経験する事とはいえ、今回は自分たちのがわにも問題があったのでは...と考えるとつらいですね。

私は結局死んでいるクッキーを見ていないので、こうやって一見冷静にかけるのかもしれません。嫁さんは電話の向こうでないていましたが、どうなぐさめてよいやら....

ながながと暗い話を書きましたが、みなさんも気を付けて下さいね。
私たちも残った子たちにはこれまで以上に気をつけて暮らしていきたいと思います。