ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの近縁種同士と別種同士の交雑の危険性(1/2)

投稿日時:
投稿者:USER0102

[USER0102]です.

まず、基本的だと思いますが「妊娠中毒」だとすると、遺伝子の違いとか骨格の違いとはまた別の話ですね?
つまり ジャンガリアンハムスター×ジャンガリアンハムスター や C×C でもおこりうる....と。
#そういえばうちのピヨちゃんの流産はこれだったのか?

おもな原因など、ご存知の方があればよろしくお願いします。

あまり参考にならないかもしれませんが,

1.ハツカネズミの近縁種同士の交配例

(1)ハツカネズミMus musculusの亜種間の交雑
全ての組み合わせでこどもはうまれ,生まれたこどもは♂♀両方が仔を作ることができる.

(2)ハツカネズミMus musculusと比較的近縁の別種との交雑ハツカネズミに遺伝的に近い種から順に並べます.
Mus musculus x Mus spretus 生まれたこどもの♂のみ不妊.
Mus musculus x Mus spicilegus 生まれたこどもの♂・♀とも不妊.
Mus musculus x Mus caroli 生まれたこどもの♂・♀とも不妊.
これ以上遺伝的距離が離れると人工受精を行います(以下省略).

2.ラットの近縁の別種同士の交雑例
Rattus norvegicus x Rattus rattus (人工受精で)妊娠途中で流産.
   (ドブネズミ x クマネズミ)

いずれも交配した母親が交雑を理由に死を迎えるということはありません(マウス・ラットの場合は,別種同士の交雑でも少なくとも母体には深刻な影響は出ません).

もし,(遺伝的にかなり距離が近く,多分同種で別亜種の)ジャンガリアンとキャンベルを交雑した場合,交配した♀が死を迎えてしまうということになると,(生物学的には)希有な現象であるといえます.

妊娠したネズミ(といってもマウス・ラットですが)が死んでしまった場合,通常は
1.何らかの理由での妊娠中毒
2.感染症による体調の悪化・発病
(例)マウスの場合,肝炎ウイルスに感染していると,妊娠♀が死ぬことがよくあります.

等を疑います.

それでは失礼します.