ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの白色脂肪組織と褐色脂肪組織(2/2)

投稿日時:
投稿者:USER0037

はじめて書き込みます。[USER0037]です。

哺乳類には白色脂肪組織と褐色脂肪組織という2種類の脂肪があるのです。
褐色脂肪組織というのは、人間(成人)にもあるんですかー?

先日、九州大学名誉教授の大村 裕先生(摂食に関しては世界的に有名な先生です。)の生理学の特別講義がありまして、それによると、褐色脂肪組織はヒトには無いといわれていたが、中には背中にこれを持つ人がいるのだそうです。で、食後すぐにサーモグラフィーで背中を撮影すると、褐色脂肪組織を持つ人は表面の温度がかなり上昇しているのが確認できるそうです。すなわち、摂食によって血中に取り込まれた遊離脂肪酸が燃焼しているんだそうです。

皆さんのお友達には“いくら食べてもふとらない”体質の方がいるとおもいますが、こういう人は褐色脂肪組織をもっていて、白色脂肪になる前に過剰なエネルギーが燃えてしまうので、ふとらない、ということです。

初登場になりますので、うちのハムたちをご紹介しておきます。

 太郎(ゴールデンハムスターオス1才3ヶ月)、ちーちゃん(キャンベルメス5ヶ月)
 とらとら(キャンベルオス5ヶ月)

ハムではありませんが、

 きっく(チンチラ3ヶ月(推定))

チンチラとハムスター、同じ部屋に放すことがありますが、大変仲良くやってます。

勉強といえば、ただ今 試験期間中でハムたちと遊べなくて寂しいです。
病理学と、薬理学.....

大変ですね。僕は生理学、解剖学...。がんばりましょう。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。>皆様