ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの輸出入(3/5)

投稿日時:
投稿者:USER0268

[USER0268]@国分寺です。

大筋はこのとおりですが、指定検疫物が病原体で汚染されている可能性がある場合はハムスターといえども まったがかかる場面もあります。ま、これは理屈の上の話です。

なるほど、ハムさんも検疫が必要になる可能性はあるのですか。

# 狂牛病の際は正確には「通達」で対処であって、法律は適用されませんでしたが。

現在は平成9年の法律の改正で、“狂牛病(伝染性海綿状脳症)”も法律で規定されているのですね。

そして、輸入検疫については本年改正があり、狂犬病の対象動物として猫や狐・アライグマ等が新たに加えられるようになりました。

これは平成10年10月の「狂犬病予防法」の一部改正の後にさらに改正があったのでしょうか?

この時の改正で対象が犬の他に、「猫その他の動物(牛、馬、めん羊、山羊、豚、鶏及びあひる(次項において「牛等」という。)を除く。)であつて、狂犬病を人に感染させるおそれが高いものとして政令で定めるもの」と改正されたようですが。

# この条文を読むと、ヒトの身近にいて、ヒトに噛み付く可能性のあるほ乳類は全て含まれてしまうような…
# “噛みハム”は狂犬病の検疫が必要なのかも(^^;)。

詳しくは、動物検疫所のホームページをご覧になると良いと思います。

見てきました。
[このURLは存在していません]
このページに各動物毎に入国時及び出国時の検疫の要/不要が書かれてましたね(^^;)。

でも、犬、猫、小鳥、うさぎ、サル等は例を示してあるのに、ハムスターに関しては載ってませんでした。
このページでは猫は検疫不要となってましたが、法律は改正されても実際は猫は検疫の対象になっていないのでしょうかね?

# 単に上記ページが更新されていないだけとか(^^;)。

ハムの場合、輸入なら対応した貨物機になると思いますが、1頭ということであれば、航空会社に相談した方が良いように思います。

結局それが一番話が早そうですね。