ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの慢性化膿性膣炎

投稿日時:
投稿者:USER0109

こんばんは、[USER0109]です。
先日、我が家のウサコちゃんに、女の子の大切な部分の近くに腫瘍らしき物ができまして、医者で切除してもらいました。
病理検査と手術代等で¥33、000.-でした(^_^;))

本日、検査結果が郵送されてきましたので、ご報告します。
そのまま書きます。

組織診断:潰瘍を伴う慢性化膿性膣炎 chronic purulent vaginaitis
組織所見:粘膜上皮の一部が脱落して潰瘍を形成している。潰瘍底から粘膜下織には好中球の浸潤が著明で、出血水腫、分布する血管の変性壊死が強い。また深部下織には形質細胞の浸潤巣及び線維性増生巣も存在する。
コメント: 腫瘤は炎症性腫脹と思われます。原因は特定できませんでした。

先生からは、とりあえず悪い物ではありませんでした、とのことです。

本ハムは元気で、毎晩、抗生物質を飲んでいます。
飲ませる時は少しイヤイヤするんですが、すぐに自分からむしゃぶり付いてきて、ジュースのように飲もうとしています。
何だか、おいしいらしい・・・・

[HOSPITAL_NAME]

です。高かったけど、院長先生はハムに詳しかったです。