ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

手作り段ボール巣箱のセロハンテープは大丈夫?

名前
ちゃちゃ
表題:

手作り段ボール巣箱のセロハンテープは大丈夫?


投稿日時:

はじめまして。
ゴールデン・キンクマの男の子と、ノーマルの男の子を飼っています。2匹とも生後2ヶ月強で、はじめての冬越しになります。

さて、2匹のケージにそれぞれ、ティッシュ箱を改造した手作り巣箱を入れているのですが…。

最近、昼間でもだいぶ寒くなってきたので、ティッシュ巣箱を段ボール巣箱に変えたら少し暖かいかなと思い、早速段ボールを切り貼りして巣箱を作成しました。

そこでふと思ったんです。

ティッシュ巣箱の場合、ティッシュ箱をカットして出入り口を2つ開けただけなのですが、段ボール巣箱は、元は大きな段ボールを、壁4枚・天井1枚とパーツ別にカットして、それをセロハンテープで張り合わせて作ったんですね。

もしかして、ハムたちがセロハンテープを齧ったり食べたりしてしまうのでは…??ちょっと心配になってきました。

(実家で飼っている猫が床に落ちている輪ゴムを口に入れてしまい、それが普通にウンチと一緒に出てきた事がありまして…。格別お腹を壊したりはしませんでしたが)

ハムはセロハンテープのようなものも食べてしまうのでしょうか?
やはり、手作り巣箱にをセロハンテープのようなもので接着するのをやめるべきでしょうか?

10年ぶりにハムスターを飼い始めました。
ゴールデン・キンクマの男の子と、ゴールデン・ノーマルの男の子と同居中です。
名前
マユネーズ
表題:

そうですねェ


投稿日時:

私はセロハンテープで貼るのは止めた方が良いと思います。
もし、段ボールは切り貼りしないと使えないようなのであれば、他のモノを代用した方が良いんではないでしょうか?
ちなみに私の家ではずっとティッシュ箱を使っています
ハムちゃんがティッシュペーパーや新聞紙を自分で巣箱に突っ込んでいますよ

飼育ハムスター
ジャンガリアンハムスターパールホワイト
キムチ 雌 20年8月韓国生まれ

名前
Yamazaki
表題:

誤って食べてしまうかも


投稿日時:

セロハンテープは、齧るとは思いますが。
食べるか、食べないかは分かりませんね。
でも、誤って食べてしまう可能性もあるので使わないほうがいいでしょう。
あと、齧った物が体に付着して取るのに面倒かもしれません。

飼育ハムスター
ゴールデン(メス):ミミちゃん
2008年2月上旬生まれ
ジャンガリアン(オス):北斗くん
2008年3月上旬生まれ
名前
ちゃちゃ
表題:

他のやり方でトライしてみます


投稿日時:
「マユネーズ」さんの引用:
私はセロハンテープで貼るのは止めた方が良いと思います。

やはり、そうなんですね。


「マユネーズ」さんの引用:
もし、段ボールは切り貼りしないと使えないようなのであれば、他のモノを代用した方が良いんではないでしょうか?
ちなみに私の家ではずっとティッシュ箱を使っています
ハムちゃんがティッシュペーパーや新聞紙を自分で巣箱に突っ込んでいますよ

うちのハムも今はティッシュ巣箱の中に新聞紙を持ち込み、城のようなものを組み立てています。


「Yamazaki」さんの引用:
セロハンテープは、齧るとは思いますが。
食べるか、食べないかは分かりませんね。
でも、誤って食べてしまう可能性もあるので使わないほうがいいでしょう。
あと、齧った物が体に付着して取るのに面倒かもしれません。

確かに、毛にもついたりしそうですね。誤飲も怖いですしね。

段ボールのほうが暖かいとは思うので、セロハンテープが出ないような展開図・組み立て方法で試行錯誤してみたいと思います。

10年ぶりにハムスターを飼い始めました。
ゴールデン・キンクマの男の子と、ゴールデン・ノーマルの男の子と同居中です。

名前
管理者
表題:

Re: 手作り段ボール巣箱のセロハンテープは大丈夫?


投稿日時:
「ちゃちゃ」さんの引用:
ハムはセロハンテープのようなものも食べてしまうのでしょうか?
やはり、手作り巣箱にをセロハンテープのようなもので接着するのをやめるべきでしょうか?

大きさが不適切だったり、テープが気になったり邪魔だと思ったら、剥がすと思いますが、食べることは普通はないと思いますね。


「ちゃちゃ」さんの引用:
確かに、毛にもついたりしそうですね。誤飲も怖いですしね。

うちも、巣箱は自作することが多いのですが、セロハンテープではなく、青い布テープですね。テープが青いのは水色が見えると、聞いた記憶あるからで、大した根拠はないです。
ハムスターがよく通る出入り口に、テープの端が来ないようにしていたりはしますが、お徳用スティックコーヒーの箱を折り返して作っているだけで、かなりいい加減です。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。