ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

回し車のサイズの決め方

名前
雪だるま
表題:

回し車攻略。


投稿日時:
「えるん」さんの引用:
その後、サイレントホールの小さいものを購入したのですが、結局元の大きい物に戻しています。

みんな同じルートをたどるんですね〜
ご報告していませんでしたが、このトピックの前回の書き込みのあとしばらくしてから、やっとこ「静かな回し車」のゴールデン用を回せるようになりまして、今は2匹ともそれを使ってもらってます。ただ、ベアリングはやはり回転がよすぎて止めるのが難しいらしく、止まりたいときにはチップ床にすたっと飛び降りてます。

回し車は種類が多いようで少ないので、なかなか難しいですよね。

名前
Toshi
表題:

Re: 回し車攻略。


投稿日時:
「雪だるま」さんの引用:
ベアリングはやはり回転がよすぎて止めるのが難しいらしく

と言うより、プラスチックで出来た回し車自体が重すぎるような気がしませんか?
あの重さはお店の見本を回したとき良く回る事を考えた重さとか・・・!?
最初、「静かな回し車」ドワーフ用を買ったんですがJハムが止まりきれず
頂上から逆さ落としになって、、、2〜3日様子見たんですが鈍ハムなのか
慣れませんでした。
仕方がないから12cmのタッパーで自作しました。
ベアリングは会社から拾ってきた工業用の物です。
生後2ヶ月の頃(23g)は12cmでも十分でしたが1才近く(31g)になると
少し小さい感じですね。15cm位のタッパーが手に入ったら作り尚してあげ
ようかと思ってます。

名前
雪だるま
表題:

工作は苦手で困っています〜。


投稿日時:
「Toshi」さんの引用:
最初、「静かな回し車」ドワーフ用を買ったんですがJハムが止まりきれず頂上から逆さ落としになって、、、2〜3日様子見たんですが鈍ハムなのか慣れませんでした。

静かな回し車については同様の問題があちこちのサイトでたくさん報告されてますよね 。特にドワーフ用で多い気がします。


「Toshi」さんの引用:
プラスチックで出来た回し車自体が重すぎるような気がしませんか?

私はこういうこと(工作とか物理とか)がすごく苦手なので、どうすればよいか全くわからないです
プラスチックを軽くすると回りすぎてハムが振り落とされるのを防ぐことができるのでしょうか・・・?例えば、静かな回し車の(走る場所でなく)脇部分に穴を開けて軽量化するなどすればよいのでしょうか?でもおそらくこのような加工は私個人の技術では無理そうです。ホイールのバランスも崩してしまいそうですし・・・。

とりあえずわが家のハムにはゴールデン用で走ってもらおうと思っていますが、もしよろしかったら参考までに自作ホイールの作り方や耐久性などについて教えていただけると嬉しいです 。ベアリングでの自作ホイールって今まで1度も見たことないので、ぜひぜひお願いいたします !


名前
管理者
表題:

発想と転換


投稿日時:
「Toshi」さんの引用:
と言うより、プラスチックで出来た回し車自体が重すぎるような気がしませんか?
あの重さはお店の見本を回したとき良く回る事を考えた重さとか・・・!?

重すぎると思いますよ。
明らかに、ベースとホイールの重さのバランスが悪いから、サドル部分で逆さまに立てた、一輪車のタイヤを回しているのと変わらないですからね。
プラスチック量を減らして、駆動部分のウエイトを減らすのが、安くて安定するんだと思うんですけどね。プラモデルとかラジコンとか作ったことがない人が、設計したのか?と思うくらい、バランスが悪いです。
しかも、ホイールバランスが悪い物があって、ベースから外して高回転で回すと振動する物もあるしね。


「雪だるま」さんの引用:
ベアリングでの自作ホイールって今まで1度も見たことないので、ぜひぜひお願いいたします !

ホイールの代わりに、口径の大きいパイプと、コロを使う方法もあります。パイプの中に、円柱状のコロを2つ入れて、ケージの上からワイヤーなどを使って、コロの両端をつるせば、倒れる心配もナシです。
ラジコンのパーツを使えば、これの方が簡単できるし、ホイール部分の径や厚みなどを、変えるのも簡単ですね。
けど、私は意地悪だから、そのまま作ると出てくる問題は、自分で考えてください!
実際に作ったことはないけど、簡単に回避できると思いますよ。

メーカーもバカだから、こんな物も作れないんですよねぇ〜。なさけない〜〜。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
Toshi
表題:

自作回し車


投稿日時:

工業用ベアリングと書きましたが実際の物はロータリーエンコーダと言う製品で
回転角度を電気信号に変換する装置です。工場の劣悪な環境でも使えるように
ベアリングにはオイルシールという物が入っています。
昨年の2月下旬より使用していますが今の所問題ないです。
シャフトとベアリングの固定さえうまく作れればラジコン用の部品でも十分作れる
と思います。

ちなみにタッパーで作ると言うねたは、
chaichai's (トップページ)
http://chaichai.nce.buttobi.net/
のtextのすぐ右の四角を押すと「手作り回し車」と言うページがあります。
その中からから頂きました。
(直リンクが禁止されてたので修正)

あと写真ですが、それ自体を撮った物がないためイマイチわかりにくいですが・・・
タッパーの内面は紙ヤスリで削っておくと滑りにくくなり走りやすいみていです。


説明
衣装ケースの外側に見えるのがロータリーエンコーダと言う物。
タッパーは底の中心にポチっと点が有る物を選ぶと中心が出しやすいです。止め穴を空ける前に両面テープで借り止めしてバランスを見るのが重要です。
ダウンロード回数
95回
ファイル形式
JPEG