ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍で末期です。

名前
まるる
表題:

Re: 宗教は嫌いですね


投稿日時:

おはようございます。
管理者さまも、貴重なご意見ありがとうございます。
痛み止めでホントに痛みが止まっているのか、本人でないと分からないというのは、その通りだと感じました。
もがいたり声をあげたりするばかりが、苦しみや痛みの表現ではないですものね。
じっと動かずにうずくまっているのも、もしかしたら、痛くてしょうがないのかもしれないですよね。
現在、うちのハムスターは、午前3時頃にトイレに行ったのを最後に、巣箱でずっと寝ています。
昨日のこれぐらいの時間ならばもう、一度は起きてきていて、トイレに行ったり、少しの食事をとったり、薬を飲んだりしていた時間です。
24時間で、ぐっと悪くなりました...。
今、こうして寝ているのは、もしかしたら、体がシンドイだけかもしれない。でも、苦しくて痛くて仕方が無くて、うずくまってる可能性の方が高い。
もし、もう少しで起きて来るのだとしても、この先どんどん悪くなるだけで、良くはならないんですものね。
そう考えると、耐えられません。
安楽死の事、真剣に考えてみようと思います。
あ、...起きてきました...。

名前
ragi
表題:

うーん


投稿日時:

まるる様

どうか、まるる様ご自身もご自愛下さい。
これだけ、愛ハムのことを思って行動している飼い主は、とても立派だと思います。

管理人様

投稿文章が乱れ、申し訳ありませんでした。
人間が生き物の生き死にを自由にするなど、おこがましいことと思います。

名前
まるる
表題:

嬉しいです。


投稿日時:

(ハムスター(動物)を看病された経験のある方は、みんな味わってることでなのでしょうが、)無力さに泣けてきて、情けなくて悔しくて、少しボロボロになっていたところでした。
優しいお言葉をかけていただき、また涙腺が緩んでしまいました(笑)。
安楽死のこと、かかりつけの病院、その他何件かの病院に尋ねてみたのですが、「やっていません」や、「お勧めしないです!」の言葉ばかりで、主人からも、「安楽死には...抵抗がある」と言われたため、あきらめる事にしました。
生命ですし、家族ですから、ある意味当然の回答ですよね。
夕方、持ち直したかのように、食事を少し食べました。
たとえばもし、今朝、早々に安楽死を選んだりなんてしていたら、今こんな姿も見られなかっただろうなと思うと、とても複雑な心境で、あらためて難しさを感じました。
今のハムスターの状況は、背中は骨でゴツゴツ、でもお腹は気持ち悪いぐらい不釣合いにむくんでいます。腫瘍や血がたまっているせいなのでしょう。本来なら、背中と同じようにガリガリなんだと思います。
顔は幼児のように小さくなってしまい、耳もずいぶん前から倒しっぱなしです。
震えは止まらず、段差も(昨夜から)登れなくなり、体を引きずるように歩きます。
手足は黄色っぽくなってしまい、たぶん右足の指は、もう動かないのでしょう。
でも、まだトイレに行きます。今朝の段階では、もう寝たきりではないかと思ったのですが、まだ健気に行くのです(涙)。食事も少量食べます。
時々うつろな顔で、こちらを見上げます。...たまりません(泣)。
止血剤の注射は、1日半ぐらいしか効果がもたないので、明日、たぶんまた出血すると思います。
でも、もう治療はやめようと思います。
そうすると、かなり衰弱は進むでしょうね...。見るに耐えないかもしれません。
でも、常に苦しみながら、日に日に体力が奪われながら、(たとえば)1週間生きるよりも、たとえ苦しみが大きくても、(たとえば)1〜2日でこの世を去る方が、きっといいはずですから、心を鬼にして(?)見守るつもりです。
せめて、心細い寂しい想いをさせないように、ずっとそばについています。

書くことによって、心の整理がつくので、また報告させて下さい。
ありがとうございました。

名前
ragi
表題:

。。。。


投稿日時:

まるる様

病状が進行し、水が飲めなくなって、脱水症状を起こすと、もはやハムは動けなくなります。そのときは、定期的にそっと水のみを口元まで、運んであげてください。
また、意識喪失前は、体温が急激に下がります。まだ口元が動いているようであれば、ティッシュ2枚で体をくるんであげて、手や吐息で温めてあげる、という方法もあります。(このような状態では、私の場合、意識喪失まで1時間くらいでした)

上記は、私が行った事例に過ぎません。
このような看取り方は適切であるとも、断言できません。
ゲージで、おちついて(手出しせず)看取る方法も、あると思います。

名前
まるる
表題:

わかりました。


投稿日時:

ありがとうございます。
明日早速このような状態に直面する可能性があるので、参考にしたいと思います。
延命はしたくありませんが、見殺しにするつもりはもちろんないので、ハムスターが求めていることには出来る限り気づいて、応じてあげたいと思います。
もちろん、ragiさんのおっしゃる、「水が欲しい」とか、「体が冷えてきた」とかにも。
ただ、このまま逝くかもしれないという状況になったら、自分でもどんな行動に出るかわかりませんね(苦笑)。
今の気持ちとしては、もう苦しませたくない気持ちがやはり強いので、手出しせずに、そのまま息を引き取らせたいと考えているのですが、いざその状況を目の前にしたら、必死で命を取りとめようとしてしまうかもしれない。
死んでしまったのを、「蘇生!!」とまでは思わないでしょうが...。
私のQuality of Lifeはどうやら、十分な睡眠やストレスの軽減ではなく、全力投球だったようです(笑)。
いろいろあるでしょうが、明日、いえ今日も一日、悔いのない時間をハムスターとともに過ごしたいと思います!
ありがとうございました。