ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍で末期です。


名前
管理者
表題:

ペレットの種類は?


投稿日時:
「まるる」さんの引用:
「私に訴えかけてるように見えるのは、私が都合よくとらえてるせい(勘違い)」と見ない振りをしていたら、今度は、私のいる側まで歩いてきて、ヨロヨロ立ち上がってこちらを見て、やっぱりアピールをしているっぽいのです。

ハムスターは自分の都合の良いことは、直ぐに覚えてしまうので、ホントにアピールしていたんじゃないですかね?


「まるる」さんの引用:
歯の話ですが、ハムスターにペレットを「もう食べません。嫌いです。」と排除されても、懲りずに巣箱にペレットを忍ばせておいたら、歯のいずさには敵わなかったのでしょう、無くなってました!(かじって食べてしまったようです。)

ペレットって何を与えてますか?空気を含んでいるようなペレットは、与えな方がいいですよ。


「まるる」さんの引用:
心の準備をする時間がこうして十分取れてます事と、サイトの皆様に支えていただいておりますおかげで、少し冷静に考えられるようになりました。ありがとうございます。

じゃ、ペットロス症候群には、なりませんね。
あんなの、ただの現実逃避だから、責任を感じているのなら、悩まずに飼い続けろ!って、いつも思っちゃいます。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
まるる
表題:

ペレットですが、


投稿日時:

おはようございます。
ペレットは、緑と赤の星型の、緑の箱に入って売られているものを与えています。(商品名は避けますが。)
キャットフードのように硬い感じですから...空気は入ってないように思われます。少なくとも、エアーインチョコのようなスカスカ感はないペレットです。大丈夫でしょうか?!

アピール、私の勘違いじゃなかったみたいですね(苦笑)。飼い主のエゴで甘やかして、変なことを覚えさせてしまいました (私が就寝中は、ちゃんと自分で便を引き抜いているようですけど。)
今までこのハムスターは、「人の手は、食事をくれるものであり、移動の手段である!」といった感じで、(もちろん手を恐れはしませんが、)手の中で甘えてくれるといった事はほとんどないコでした。
私も、手の中にいることを強要しませんでしたから、 なんだか今頃になってスキンシップをはかれたというか、今頃になって両想い(?)になった気がします(笑)。

今日も、早朝ちゃんと起きてトイレに行ったようです。朝一で差し入れたリンゴも、まもなく巣箱の中に引き込まれました
私の想像を超える気力と体力に、日々驚かされています。
これが、「治らぬの闘病」じゃなく、「治る病気の療養」だったならば、これほどの気力.体力をもってすれば、きっとみるみる良くなったことでしょう(悔)!!
安楽死を考えたことが、今となってはすごく恐ろしいです。
こんなに生きられる命に、人の手で勝手に終止符を打とうとしていたのですから。
あの時は、「ハムスターの苦しみを考え抜いた末の結論(安楽死)」のつもりでいましたが、ハムスターの病気と真正面から向き合っている今では、「臭い物にはフタ」的な現実逃避の念が、あの頃の自分に無かったとは言い切れない気がして、我ながら自分を腹立たしく思います
楽しい時ばかり一緒に過ごして、ツラいことからは目を背ける。最悪な飼い主ですよね!!!

うちのハムスターに、急死はなさそうです。
歩けない、食べられない、オシッコも出来ない、便も詰まって出てこないという、一番苦しくて、一番惨めな、落ちるところまで落ちないと、死ぬ事を許されてないようです。
もしかしたら、「あの時に、安楽死していたかった...。」というぐらい、今現在もハムスターは苦しみながら生きているのかもしれません(泣)。
でも私はこの道を選び、ハムスターをこの道に導いたのですから、このまま逃げずに歩いていきたいです。


名前
管理者
表題:

エアーイン


投稿日時:

朝からケージを5つ洗ったら、腰が痛いです。
まだ、デカイのが残ってる……


「まるる」さんの引用:
ペレットは、緑と赤の星型の、緑の箱に入って売られているものを与えています。

あれですね。
ドックフードみたいなペレットって、膨らませているので空気が入ってますよ。
実験動物用のペレットは、ただの固まりですからね。
おなかに空気が溜まることもあるから、体調が悪いのなら与えない方がいいんですけど、今のような状況になってから変えてしまうのは問題ありなので、そのままでもいいかもしれないです。
余計なことを言ってしまったかも。


「まるる」さんの引用:
これが、「治らぬの闘病」じゃなく、「治る病気の療養」だったならば、これほどの気力.体力をもってすれば、きっとみるみる良くなったことでしょう(悔)!!

ところで、余命って聞いてなかったんですか?
もうダメなんだと思ってました。
そういう意味でも、写真のアップロードはしてほしいですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
まるる
表題:

余命...


投稿日時:

「後は体力しだい。持つコもいるし、持たないコもいるし...」と言うカンジで、はっきりとした言い方はされませんでした。
私も、「全身に転移しちゃってますね。末期です。」と言われただけでかなり衝撃をうけてしまったため、もっとくわしく聞こうと言う発想が、全く頭におよびませんでした(苦笑)。
正直、週末まで持つなんて、当初私自身も夢にも思っていませんでしたから、今でもこうして闘病報告(?)を続けているのが、とても予想外で不思議な気分です。
危篤だと思って心配して下さった方々をなんだか騙したみたいで、申し訳ない気さえしている今日この頃です...。
本当にお騒がせしてすみません!!!

でもたぶん、血が止まったことが大きかったようです。
先生も「一時的に止まるけど...」と、再出血はおこるような言い方をされてましたから。
もし、再出血をしていたら、間違いなく今は生きていなっかたでしょう。
再度診断を受けたい気がしますが、連れ歩くのは体力的にもストレス的にも逆に命取りになので、もう病院には行けません。(車で片道40分!路面が悪いから揺れるし、寒いし、時間はかかるし…)

写真は、1日に数回しか全身を見せないので、...撮れるかなぁー。
撮れたとしても、デジカメもパソコンも初心者なもんで、添付できるか自信がありません。
撮れたら添付、頑張ってみます!
今日明日ですぐ添付は出来ないかもしれないので、少し気長〜に待っていて下さい(笑)。

名前
まるる
表題:

うまく撮れませんでした。


投稿日時:

病状がわかりやすい写真を撮りたかったのですが、病気とはいえ それなりに動きますから、ちゃんと撮れませんでした。
なんとなくわかっていただけますでしょうか?!


説明
耳はいつも倒しっぱなしです。すっかりやつれてしまいました。
ダウンロード回数
147回
ファイル形式
JPEG

説明
嫌がられたのでピントが合いませんでした。お尻は常におりもので濡れ、尻尾はもうガビガビです。
ダウンロード回数
110回
ファイル形式
JPEG