切歯破折(せっしはせつ)・不正咬合(ふせいこうごう)

症状

  • 食事が食べられない。
  • 口が閉まらなくなる。
  • よだれが垂れる。
  • 歯肉から出血。
  • 歯肉の炎症。
  • くしゃみ。
  • 鼻水。

原因

  • 金網などをかじって歯が曲がった、歯が欠けた。
  • やわらかい物ばかり食べて歯が伸びすぎた。
  • 生まれつき歯並びが悪かった。
  • 遺伝。
  • カルシウム不足。
  • 高い所から落ちた、回し車で転倒した。

治療

  • 伸びすぎた歯を削ってもらう、切ってもらう。
  • 定期的に切る場合は3〜4週間ごとに切ること。
  • うまく餌を食べられない状態のときは、砕いたペレットや柔らかい餌を、歯が正常に戻るまで与える。

予防

アドバイス

門歯(前歯・切歯)が折れてしまうことを「切歯破折」、噛み合わせが悪くなると「不正咬合」、門歯が伸びすぎると「過長歯」です。

落下したり転倒して歯をぶつける、ケージを噛んで歯が引っかる、などの事故が折れる原因です。
餌は適度な硬さのある実験動物用ペレットタイプが一番ですが、市販のペレットには硬すぎる物があるので注意しましょう。
ケージを噛む原因は、歯が伸びるげっ歯類だからだと思いがちですが、脱走しようと考えてしまう悪い環境や、ストレスでイライラしていることが原因です。
囓り木を使ってもリスクが増えるだけで、根本的な解決にはなりません。
切歯破折は飼育環境の改善や接し方で防げる怪我です。

放っておくと、過長歯歯周病になる場合があります。
餌が食べにくくなり、栄養失調や他の病気にもかかりやすくなります。
歯肉の近くや歯肉の中で折れると、歯髄が出て出血したりします。かなり痛いので、食事ができなくなります。
炎症が広がると顔が腫れたり、呼吸困難を起こします。

ハムスターの門歯は一生伸び続けますが、食べたり歯ぎしりすることで門歯が適度に削れ、尖った状態を保てます。
そのため正常な状態でも、歯の先端が欠けたり、左右均等に生えそろっていないこともありますが、餌が適切なら元に戻ります。
しかし、飼い主が気づくくらい歯が折れてしまうと、自力で元に戻すことができず、獣医師に歯の長さを揃えてもらう必要があります。

歯の根もとの歯根(歯髄)が正常なら、歯が折れてもまた伸びてきます。
しかし強い衝撃で歯が折れたときは、歯根が折れていたり傷ついていること多く、門歯が足りないまま一生を過ごすことも多い様です。
歯はレントゲンに写るため、動物病院で歯根を撮影してもらいましょう。
歯が伸びなくなると、対になる歯が削れず伸びすぎるため、定期的に歯を切る必要があります。
獣医師に切ってもらうか、指導を受けて自分で切りましょう。
慣れない人が歯を切ると健康な歯の歯根まで傷つけてしまい、他の歯もダメになってしまいます。

ヒマワリの種やミルワームはリンとカルシウムの比率が悪く、与えすぎるとカルシウム不足になる可能性があります。
しかし、ハムスターが主食にしている穀物だけではカルシウムが多く、尿路結石のリスクが高くなるため、成長中の若い個体には与えすぎない程度で良いようです。

自分で食べたい要求は残っているので、歯が折れて上手く食べれなくても、自分で食べられるように工夫しましょう。
剥いたヒマワリの種を与えるのではなく、ニッパーで切れ目を入れるなどして、自分で割って食べられるようにする。
ペレットを小さく砕く、キャベツを細く刻むなどです。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。