過長歯(かちょうし)

症状

  • 餌が食べられない。
  • 口が閉まらなくなる。
  • 口の中で出血。

原因

治療

  • 硬い餌を与えない。
  • 伸びすぎた歯を短くする。

予防

アドバイス

門歯(前歯・切歯)が折れてしまうことを「切歯破折」、噛み合わせが悪くなると「不正咬合」、門歯が伸びすぎると「過長歯」です。

ハムスターの門歯(前歯・切歯)は一生伸び続けますが、食べたり歯ぎしりすることで門歯が適度に削れ、尖った状態を保てます。
生まれつき歯並びの悪い個体もいますが、ペットショップから迎えた時に問題がなれければ、原因は切歯破折がほとんどです。
門歯が折れたり欠けたりすると、噛み合わせが悪くなり、正常に削れなくなった歯が伸びすぎたの状態が「過長歯」です。
奥歯(臼歯)は人間と同じく伸びたりしません。
伸びすぎた歯が口の中を傷つけることで歯周病に、歯根(歯髄)の炎症が原因で眼球摘出になったりと、放置しても良くはなりません。

歯をチェックすると嫌がられるため、餌を上手く食べられなくなってから気づく飼い主が多いです。
ハムスター自身でどうにもできなくなっている証拠なので、病院に行って歯を切ってもらいましょう。
歯を正常な長さより少し短めに切る方法や、正常な長さまで歯の先端をやすりで削って尖らせる方法があります。
ハムスターが暴れたり、麻酔を使いたくないときは、短く切ることが多い様です。
治療の後も、歯が正常な長さまで戻るまでは食べにくそうにするため、餌の硬さには注意しましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。