眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)

症状

  • まぶたから眼球がとびだす。
  • 腫れる。
  • 変形している。
  • 涙目になっている。

原因

  • 興奮状態が長く続いた。
  • 保定などで、ハムスターの首筋を長くつかむ。
  • 高いところからの落下。
  • 結膜の化膿。
  • 肥満で目の奥に脂肪がたまって飛び出る。
  • 頭部に腫瘍で、眼球が押し出される。
  • ケンカなど。

治療

  • 症状が改善しないときは、人工涙液を点眼し、目の乾燥を防ぐ。
  • 化膿している場合は手術でウミを出す。
  • 最悪の場合、眼球摘出。

予防

  • 原因になることをしない、させない。

アドバイス

目を閉じられなくなると、角膜(かくまく)が乾燥するため失明(目が見えなくなること)します。また、ウミがたまっていると、手術で眼球を摘出しないとダメなことがあります。ハムスターが違和感を感じて、自分で眼球を取ってしまったり、自然に取れてしまうことがあります。
ハムスターは、結膜にウミがたまりやすい動物なので、目が少しでも飛び出ているのなら結膜膿瘍(けつまくのうよう)を疑いましょう。
ジャンガリアンなどの、ドワーフハムスターは小さいために、眼球摘出が困難です。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。