膿瘍(のうよう)

症状

  • ウミがたまって、はれ物ができる。

原因

  • ケンカなどで、ケガをしたところにウミがたまる。

治療

  • ヒフを切断してウミを出した後、消毒、抗生剤の投与。

予防

  • 集団飼育をしない。
  • 外傷を作らせない。

アドバイス

皮膚(ヒフ)の下に膿(ウミ)がたまり、プヨプヨしたはれ物ができることです。
膿は、白血球、病原性微生物が液状になったものです。
膿の菌が全身に回ってしまったり、心臓にまで細菌が到達すると、人間でも死ぬことがあるので、早めに病院へ行きましょう。

ちなみに私は、粉瘤(ふんりゅう)と言われる袋状の良性の腫瘍があっちこっちにできていて、汗をかいたまま寝ると、そこに細菌が増殖して腫れることがあります。当然それで死んだりはしませんが、調べず判断するような人だと、あっちこっちに悪性の腫瘍が転移しているように見えることもあります。また、膿が溜まっているだけなので、体質にあった抗生物質があれば抗生物質で治ります。

抗生物質は投与を間違えると、良い細菌まで殺してしまうため、与えるだけで体が弱ることもあるので、自己判断せずに、しっかり調べてくれる獣医に調べてもらい、適切な処置をしてもらいましょう。ときどき、きちんと調べもせずに、抗生物質を処方して、ハムスターを弱らせる獣医がいます。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。