細菌性皮膚炎(さいきんせいひふえん)・膿皮症(のうひしょう)

症状

  • 脱毛。
  • 発疹。
  • ただれ。
  • かゆみを伴う場合もある。
  • 患部をさわると痛がる。

ハムスターは頻繁に毛繕いする動物で、さらにストレスで頻度が増えてしまうために、ストレス性脱毛と間違われることもあります。
ホルモン性皮膚炎ニキビダニ症皮膚糸状菌症の二次疾患として発症することがあります。
菌が原因の似た病気に、真菌性皮膚炎があります。

原因

  • キズから細菌が感染。
  • 不潔な飼育環境。
  • 免疫力の低下。

治療

  • のみ薬(抗生剤など)や塗り薬で治療する。
  • 消毒。
  • 洗浄。

予防

  • ケガをするような環境や、不衛生な環境で飼育しない。
  • トイレで眠らさせない。
  • 床材にはウッドチップを使う。

アドバイス

体を搔かないように、ハムスターの首にエリザベスカラーを付けることもできますが、毛繕いがうまくできず不衛生になることもあります。
ハムスターは水で洗えないためシャンプー療法は使えず、我慢できなくなるくらい痒くなっていると、薬を使った治療が必要です。

塗り薬が効果的ですが、ハムスターは毛繕いが多く薬を舐め取ってしまったり、薬を塗られるストレスが強いため、飲み薬を使うことが多い様です。
炎症に効果のある混合薬を使うなど、獣医や症状によって処方が違うと思いますが、どんな効果があるか聞きましょう。
ステロイド剤(副作用の強いかゆみ止め)を使うと、副作用で酷くなったり水を普段より飲むようになるらしいです。

野生のハムスターは清潔な環境に住んでいて、自分で体を頻繁に掃除する清潔な動物です。
もしこのような症状が出たのなら、飼い主が強い細菌を持ち込んだか、ハムスターが体をきれいにしても取り除けないくらいの量の細菌が、ケージの中で繁殖したということになります。
若く体力がある時には大丈夫でも、子宮蓄膿症を発症する原因にもなります。
再発させないためにも飼育方法や飼育環境を改善し、ケージを清潔にしましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。