自咬症(じこうしょう)

症状

  • 自分で自身の体を噛む。

原因

  • ストレス。
  • 腫瘍などをかみ切る。

治療

  • 飼育環境の改善。

予防

  • ストレスのない生活環境を整える。

アドバイス

自分で自分を傷つけ、外傷を作ってしまいます。
自咬症はストレスでイライラすることが原因ですが、痛みより不快感を嫌がるため、病気が原因で自分を噛んだり引っ掻いたりすることがあります。

ストレスが原因の場合は、足やシッポを噛み、噛みちぎってしまうこともあるらしいです。
体の表面にできた腫瘍を、噛み切ることがあります。
かさぶたや細菌性皮膚炎(湿疹)の痒みを我慢できず、噛んだり引っ掻いたりして酷くなることがあります。
病気や痒みのストレスで、どんどん悪化することがあるため、酷くなる前に治してあげましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。