角膜炎(かくまくえん)

症状

  • 目ヤニ。
  • 涙が出る。
  • 目を気にしてかく。
  • 目の表面が白っぽい。
  • 視力の低下。

原因

  • ケンカや床材などで、目を傷つける。
  • ヒゲがなくなって、目をぶつける。

治療

  • 目薬(角膜保護剤)で治療する。

予防

  • ケンカをさせない。
  • 驚かせない。
  • 床材を変える。
  • ケージを広くする・レイアウトを変える。

アドバイス

黒目を物理的に傷つけることが主な原因なので、両目同時に発症することは、ほとんどありません。
目玉を怪我して炎症を起こした状態です。

細菌、ウイルス、カビからの感染や、結膜炎が悪化して起こることもあります。
手遅れになると、角膜に穴が空いて眼球の中身が飛び出ることもあるらしいです。
軽いうちは、注射や投薬などで治すことができます。
潰瘍性角膜炎(角膜潰瘍)、乾性角膜炎、深層性角膜炎、表層性角膜炎という病気もあります。

マイボーム腺から眼球を保護する脂が出るため、まばたきの少ない動物です。
牧草などの尖った物が目に刺さったり、驚いて巣箱の角でぶつけたりと、目(角膜)を傷つけてしまいます。
強く目をぶつけると、眼球出血・眼球打撲になることもあります。
若いときや扱いに慣れていないときは、飼い主の行動に驚いて、歳を取ると感覚器官や体が弱って、目をぶつける事故が増えます。
そのため、初心者と老ハムスターに多い症状です。
物理的な事故で起こるため、牧草は使わない、広いケージを利用するなど、防ぐ手段はいろいろあるため、しっかりした飼育方法や飼育環境を作りましょう。

結膜(白目を覆う膜)に炎症が起これば結膜炎、角膜(黒目を覆う膜)に結膜に炎症が起これば角膜炎で、結膜炎と角膜炎は症状が似ています。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。