眼球出血(がんきゅうしゅっけつ)・眼球打撲(がんきゅうだぼく)

症状

  • 目が赤くなる。
  • 目が大きくなる。
  • 視力低下。

原因

  • 落下や衝突によって、眼球の打撲

治療

  • 直ぐに冷やす。
  • 目薬の点眼。
  • 抗生剤、止血剤の投与。

予防

  • 快適な飼育環境。

アドバイス

眼球の中での出血が原因で眼圧が上がり、目が大きく腫れ、最悪の場合は眼球が破裂します。
緑内障が原因で、出血することもあります。

目が腫れて閉じられなくなると、結膜炎角膜炎を併発してしまい失明することもあります。

寝ぼけたまま目を閉じて歩き回ったり、失明しても飼い主が気づかないほど、本来はケージの中の物の位置を熟知しています。
そのハムスターが、脱走しようとしてケージから落下したり、慌てて感覚器官をぶつけてしまうくらい、驚かせてしまうことが原因です。
飼育環境の悪さや、懐いていない、緑内障や白内障などの病気で目が見ていないなど、目の病気にも注意しましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。