霰粒腫(さんりゅうしゅ)・マイボーム腺腫(まいぼーむせんしゅ)

症状

  • 目ヤニ。
  • まぶたが腫れている。
  • 目が開かない。

原因

  • 体質。

治療

  • 眼瞼(がんけん)の内側の腺の除去。
  • 腫瘍化した場合は切除。
  • その後、目薬(抗生剤・炎症剤)で治療。
  • 目に直接、軟膏を塗る場合もある。

予防

  • NO DATA。

コラム

まぶたの内側にあるマイボーム腺からの分泌が、炎症などの理由により、うまくいかず、分泌物がたまります。またマイボーム腺自体が、腫瘍になることもありますが、分泌腺から分泌物がたまって腫瘤(しゅりゅう・はれもの)ができているだけなら、自然になくなることもあります。

マイボーム腺は、まぶたの裏側にあり、涙の油層を作る分泌腺のことです。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。

この病気の関連ページ