ほお袋からペレットを出さない

表題:

ほお袋からペレットを出さない


投稿日時:
名前
すいと

ちょうど1歳になるジャンガリアンがいます。
体重50g メス
ペレット ハムセレ ダイエットプラス 5g
ケージ 横が70縦50くらい 新聞をしいて紙の床材を入れてます
掃除は週一でペット用のウェットティッシュで拭いています
巣箱 今は空き箱 前は市販の木の巣箱 どちらもジャンが5、6匹入れます


この子が1、2ヶ月くらい左のほお袋からペレットを出さないのです。
出さないと言っても自分がたべるぶんは出しています。回し車や巣箱でも出しています。
それなのに毎日少しだけほお袋に残して、だんだんパンパンになって行きます。
それで前エキゾチック専門の病院で診てもらったところ、ペースト状のペレットが7gも出てきました。他に問題はないそうです。
今もくせは治っていないので、すでに9g溜まっています・・・
いったい何が原因でしょうか?
安心して過ごせてない、ということでしょうか・・・
確かにこの子はトイレも巣箱でしてしまうし、何かケージ内に不安があるのかもしれません。色々こちらのHPを参考にして試行錯誤してみたのですが、結局治っていません。
ペットショップで兄弟の中で一番小さく、ごはん競争に負けていたようで、昔からかなり食に執着があります。少ないと噛むほどで、それで溜め込む前は7gくらいあげていました。
溜め込めないようにニッパイの大きなペレットも試したのですが、食べてくれませんでした・・・
いったいどうしたら良いのでしょうか。

表題:

Re: ほお袋からペレットを出さない


投稿日時:
名前
管理者

似たトピックが見つかったので参考にしてください。
ほお袋から餌を出さない
ほお袋の心配
消したのもあるので、よくある質問です。


「すいと」さんの引用:
それで前エキゾチック専門の病院で診てもらったところ、ペースト状のペレットが7gも出てきました。他に問題はないそうです。

ペースト状のペレットになってるのは珍しいですが、ペレットが硬すぎて口の中で溶かしてから食べているんじゃないですかね?
特にハムスターセ○クションは、ハムスターにも硬すぎるペレットなので、めんどくさくなって食べなくなることが多いペレットです。ダイエット○ラスも、結構硬かったと思います。

実験動物用のペレットって、大きいだけで硬くないし、ジャンガリアンではほお袋に入れられないので、実験動物用ペレットだけにしてはいいではないでしょうか。
いわゆる、ピンク箱や、西種のハムスター・マウス用っても、実質実験動物用ペレットなので、店でも買えます。
白箱は、柔らかい実験動物用のペレットです。


「すいと」さんの引用:
安心して過ごせてない、ということでしょうか・・・

その通りだと思います。
ほお袋は人間のカバンなので、自然界でもエサは巣に持って帰るときにほお袋を使って、巣に帰ると全部、巣のエサ置き場にエサ起きます。カバン担ぎながらでは、走るのも大変ですしね。


「すいと」さんの引用:
確かにこの子はトイレも巣箱でしてしまうし、何かケージ内に不安があるのかもしれません。色々こちらのHPを参考にして試行錯誤してみたのですが、結局治っていません。

オシッコも巣箱でしているようなので、敵に襲われる、ここは私の物だ!と主張しているんでしょうね。


「すいと」さんの引用:
ペットショップで兄弟の中で一番小さく、ごはん競争に負けていたようで、昔からかなり食に執着があります。少ないと噛むほどで、それで溜め込む前は7gくらいあげていました。

体力的に弱い個体が、そうなりやすいですが。
同じようにペットショップ弱い個体買って来ても、気づかない間に直ってますね。

リンクを張ったトピックにも似た記事がありますが、ハムスターからすると、誰かから狙われたり、ケージから逃げられるように、本来なら安全なケージの中でも避難グッズを持ち歩いている状態です。
エサを溶かして食べている可能性もあるので、ニッパイのペレットも混ぜて、他のエサを大量に与えて、エサが余ってても片付けたり、ケージの掃除も少しさぼり気味にして、誰に取られることもないと考えてもらわないとダメですね。
ハムスターが気づくのに時間はかかると思うけど、簡単に直る問題だと思いますよ。

あと、エサ置き場があれば良いかも、ケージの近くにトイレをもう一つ置くと、使いやすい方をトイレに、もう1つをエサ置き場にすると思います。
ミルワームをエサ時間に与えていると、エサは自分で確保しなくても、エサは人間から貰う物だと考えやすくなるので、これもお勧めですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: ほお袋からペレットを出さない


投稿日時:
名前
すいと

「管理者」さんの引用:
ペースト状のペレットになってるのは珍しいですが、ペレットが硬すぎて口の中で溶かしてから食べているんじゃないですかね?
特にハムスターセ○クションは、ハムスターにも硬すぎるペレットなので、めんどくさくなって食べなくなることが多いペレットです。ダイエット○ラスも、結構硬かったと思います。

そんなに硬いんですね、知りませんでした・・・
確かに歯は弱いかもしれません。この前ドライバナナをあげてみたのですが、舐めるだけでうまくかじれないようでした。


「管理者」さんの引用:
実験動物用のペレットって、大きいだけで硬くないし、ジャンガリアンではほお袋に入れられないので、実験動物用ペレットだけにしてはいいではないでしょうか。

試しに白箱も買ってみます!なぜか広島ではみたことがないんですよね・・・通販でみてみますね。


「管理者」さんの引用:
オシッコも巣箱でしているようなので、敵に襲われる、ここは私の物だ!と主張しているんでしょうね。

やっぱりそうですよね。前はよく回し車にもマーキングしていました(^^;


「管理者」さんの引用:
体力的に弱い個体が、そうなりやすいですが。
同じようにペットショップ弱い個体買って来ても、気づかない間に直ってますね。

そうなのですか!やっぱり初期の飼い方にも問題があったのかもしれません。いつまでも不安なままじゃ可哀想ですよね・・・


「管理者」さんの引用:
エサを溶かして食べている可能性もあるので、ニッパイのペレットも混ぜて、他のエサを大量に与えて、エサが余ってても片付けたり、ケージの掃除も少しさぼり気味にして、誰に取られることもないと考えてもらわないとダメですね。
ハムスターが気づくのに時間はかかると思うけど、簡単に直る問題だと思いますよ

根気よくやってみます!とりあえず白箱が届くまでは今あるニッパイのフードと今食べてるフードをいっぱい入れてみますね。あとクッキーみたいな見た目の柔らかいペレットもあるので、それも混ぜてみます。


「管理者」さんの引用:
あと、エサ置き場があれば良いかも、ケージの近くにトイレをもう一つ置くと、使いやすい方をトイレに、もう1つをエサ置き場にすると思います。

確かに一回トイレにえさを貯めてるのをみたことがあります。早速今日試してみます!


「管理者」さんの引用:
ミルワームをエサ時間に与えていると、エサは自分で確保しなくても、エサは人間から貰う物だと考えやすくなるので、これもお勧めですね。

家で育てるのは母親が嫌がりそうです(^^;
生物部に入っているので、部室で飼えないか相談してみます!

とっても参考になりました。本当に悩んでいたのですがちょっと前向きになれました。
頑張ってみます!詳しい回答ありがとうございました!

表題:

Re: ほお袋からペレットを出さない


投稿日時:
名前
すいと

先日白箱が届き、ハムも少しずつ興味を示して今はまだちょっとですが食べているようです。もう一匹のハムも美味しそうに食べています。
それでもう一つ質問なのですが、もしハムの歯が弱ったことが原因だったら、何か歯のトレーニングになるようなことはあるのでしょうか。大きなペレットを運んだり、ひまわりの種を食べることはできるようなのですが・・・

あと、今日もう一度ストレスになるような原因を思い返してみたのですが、思い当たることがありました。
ハムの体重が50gから急激に増え始めたのと、回し車でまったりするのが増えたのが同じ時期だったと思います。それから回し車にマーキングもするようになりました。
それでなんでそうなったんだろう、と思って当時の飼育日記や写真をみてみたのですが、もしかしたら床材をウッドチップから紙の床材に変えたのが原因かもしれません。
ウッドチップの時はよく床材を掘って遊んでいましたが、紙のになってからはそういう姿を見なくなりました。潜れなくて隠れられない、と思っているのかもしれません。
もう一度ウッドチップの床材を使いながら、ごはんをたっぷりあげてしばらくそっとしようと思います。

表題:

Re: ほお袋からペレットを出さない


投稿日時:
名前
管理者

「すいと」さんの引用:
確かに歯は弱いかもしれません。この前ドライバナナをあげてみたのですが、舐めるだけでうまくかじれないようでした。

ハムスターはバナナをほとんど食べないですね。
ハムスターは省エネ体質なので、冷え症の人間が食べたがらない物は、病気のきっかけになるので、できるだけ与えない方が良いですよ。
飼い主が若いと自分に体力があるので分かりづらいですが、省エネ体質なので年寄りっぽい食事が好きです。


「すいと」さんの引用:
先日白箱が届き、ハムも少しずつ興味を示して今はまだちょっとですが食べているようです。もう一匹のハムも美味しそうに食べています。

ちょっと脂肪分が多いですが、シンプルで良いエサと思います。
多分、ピンク箱と一緒に与えると、ピンク箱を食べる用が増えると思いますが。


「すいと」さんの引用:
それでもう一つ質問なのですが、もしハムの歯が弱ったことが原因だったら、何か歯のトレーニングになるようなことはあるのでしょうか。大きなペレットを運んだり、ひまわりの種を食べることはできるようなのですが・・・

歳と共に噛む力は弱くなると思いますが、ハムスターの歯が弱ることはまず無いです。
それより、硬いエサや柔らかいエサばかり与えて、歯が欠けたり、不正咬合になる方が危ないので、普通にエサを与えていれば大丈夫です。


「すいと」さんの引用:
それでなんでそうなったんだろう、と思って当時の飼育日記や写真をみてみたのですが、

飼育日記大切ですね。
毎日ではないけど、私も20年くらい続けてます。


「すいと」さんの引用:
もしかしたら床材をウッドチップから紙の床材に変えたのが原因かもしれません。

私も関係あると思います。
ウッドチップは少し歩きにくそうですが、それが重要で、体擦れて汚れや臭いがウッドチップに付くので、体が清潔になるだけでなく、自然に臭い付けできるので、ハムスターが縄張りに敏感にならなくてもよくなります。
敷材・床材・巣材に、いろいろ書いてあるので、読んでないなら見てください。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。