ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの膿瘍と薬と治療方法(2/3)

投稿日時:
投稿者:USER0227

[USER0227]です。

お腹の腫瘍を自分で噛んで化膿させてしまった天(ジャンガリアンハムスター♀)のその後ですが、結局2度の膿取り出しだけで3度目はしなくて済みました。
2度目の処置の後、それまでくしゃくしゃだった耳が広がるようになり、餌もたくさん食べるようになりました。そして、ステロイド剤を飲んでた頃に傷の治りが遅かったのがウソのように、傷口は乾燥し、やがてしこりも消えてしまいました。しばらくの間かさぶたはありましたが、今ではそのかさぶたさえ何処にあったのかわからないほどになりました。
一時餌を食べなくて、体重も減り始めた時は「いつ、お星様になっても不思議はない」と覚悟もしました。そんなこんなが、全てうそのように天は元気に走り回ってます。

天に励ましのメールをくださった皆さんありがとうございました。病院で「どうしようもない」って言われても「元気になることだってあるんだよ」っていう良い例になったと思います。