ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

砂浴びをしない

名前
そう
表題:

砂浴びをしない


投稿日時:

はじめてハムスターを飼っています。
お迎えしてから5ヶ月くらいのジャンガリアンです。
トイレと砂浴び場を設置しているのですが、
両方でおしっこをするのですが、砂浴びを一切しません。
両方共トイレとして使っています。

砂浴びはしなくても問題ないのでしょうか。
なんとなくお迎えした時より毛並みが汚い気がするので心配です。

よろしくお願い致します。


名前
管理者
表題:

Re: 砂浴びをしない


投稿日時:
「そう」さんの引用:
砂浴びはしなくても問題ないのでしょうか。
なんとなくお迎えした時より毛並みが汚い気がするので心配です。

しっかり飼えている場合、砂浴びはしなくなるので、飼い始めてから5ヶ月なら必要ないです。
しかし、毛並み悪く見えるのと、トイレと砂浴び場でオシッコをしているのは問題です。


「そう」さんの引用:
トイレと砂浴び場を設置しているのですが、
両方でおしっこをするのですが、砂浴びを一切しません。
両方共トイレとして使っています。

情報も少ないし、いろいろ考えられる問題はあるのですが、トイレの位置が適切なら、砂浴び用の砂にオシッコをして、わざと軽く体に臭いを付けているのかもしれないです。

床材にウッドチップを、繊維状のウッドチップに変えて多めに敷くようにしましょう。
すると、歩くだけで毛繕いできるので、毛並みは良くなります。
後、タンパク質が足りないと、毛並みも悪くなるので、ミルワームを与えるなど、タンパク質多めの食事にしてもいいと思います。

ジャンガリアンやロボロフスキーなどのドワーフハムスターは、この時期冬毛に変わって、毛玉みたいにフワフワで、迎えた夏より悪くは見えないのが普通ですね。
まだ若い個体なので、気づいた事があるのなら改善すれば、元気に長生きできますよ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
そう
表題:

Re: 砂浴びをしない


投稿日時:

ご回答ありがとうございます。


「管理者」さんの引用:
しっかり飼えている場合、砂浴びはしなくなるので、飼い始めてから5ヶ月なら必要ないです。
しかし、毛並み悪く見えるのと、トイレと砂浴び場でオシッコをしているのは問題です。

砂浴びは人間でいうお風呂の代わりと聞いていたので心配だったのですが、安心しました。ありがとうございます。


「管理者」さんの引用:
情報も少ないし、いろいろ考えられる問題はあるのですが、トイレの位置が適切なら、砂浴び用の砂にオシッコをして、わざと軽く体に臭いを付けているのかもしれないです。

トイレの位置ですが、餌置き場とハウスから1番遠い所に置いています。
砂浴び場は、トイレの近くです。適切な位置に置けてますでしょうか?

ウッドチップとミルワーム、早速購入しようと思います。
ご丁寧な回答ありがとうございます。
元気に長生きして欲しいので、改善していきたいと思います!


名前
管理者
表題:

Re: 砂浴びをしない


投稿日時:
「そう」さんの引用:
砂浴びは人間でいうお風呂の代わりと聞いていたので心配だったのですが、安心しました。

確かに人間の風呂に近いですが、どちらかというと「臭い消し」ですね。

まともな飼育環境だとハムスター自身が不潔になることはなく、飼い主などから嫌いな臭いが付いた時に、砂に体をこすりつけて臭いを取ろうとします。
砂風呂をよく使っていると思っている飼い主は、飼い主自身が触った後、ハムスターが飼い主の臭いを取ろうと砂浴びを見ているだけで、実際にはハムスターから嫌われているんですわ。
さらに嫌われていると、自分の小便や臭腺から出る分泌液を付けて、臭いのバリアーを作ろうとします。
そうすると、体毛が湿り、毛並みが悪いように見えたり、トイレを覚えないとか、いろいろ問題が出てきます。

逆に飼い主を信頼しているのなら、ハムスターに人間の臭いが付いているという事は、人間のような強くて便利な生物が自分の近くに居て、安心して過ごせるという事になり、この心理状態がベストです。


「そう」さんの引用:
トイレの位置ですが、餌置き場とハウスから1番遠い所に置いています。
砂浴び場は、トイレの近くです。適切な位置に置けてますでしょうか?

砂浴びは臭いや汚れを自分から取る(そこに置いてくる)ための行為なので、寝床(巣箱)から遠い方がいいでしょう。
逆に、自分のニオイが強い方が安心できるので、トイレは巣箱の近くです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。