ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

リンパ腫と診断を受けて・・・今後のこと


名前
kanon
表題:

Re: リンパ腫と診断を受けて・・・今後のこと


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
死と直結しない病気なら良いとは思うのですが、断定できない場合の投薬は、余計に苦しめたり悪化させたりする場合もあるので、なるべく投薬はしない方が良いと思いますよ。

腫れの治療をして、その腫れがひいたとしても溶けてしまった顎の骨は再生しないようなので、投薬は不必要なのかもしれませんね。水薬の大半は栄養剤のようですし・・・。


「管理者」さんの引用:
手術の痛みなどで、一時的に食べられない状態なら、強制給餌もありだと思いますが、エサを採りに行って自分で食べるといった行動も、食べるという要求なので、できるだけしない方が良いと思います。これも、苦しめる原因になります。
歩くのがつらくて食べられないのなら、寝床の近くにエサを配置する。感覚が弱ってエサが分かりにくくなっているのなら、ニオイを強くしてあげるなど、闘病中であっても、できるだけ今までの生活に近づけるような方法が良いと思いますよ。

元々人間嫌いの子なので、私が干渉するとなると相当のストレスを与えていると思われます。今日は、ペレット団子を作って置いておきました。少しずつですが、齧って食べているようです。(上の歯は残っており何とか引っかけて食べているようです。)

今日、見ると右側の腹部に膨らみが見られました。
もう、全身に転移しているのかもしれません。
年を越すことは無理かもしれませんね・・・。


名前
よふかしハムズ
表題:

Re: リンパ腫と診断を受けて・・・今後のこと


投稿日時:

食事をとるのが厳しい場合、ヨーグルトや
バナナなど、食べやすい物をあげても良いと思いますよ。
カリウムが含まれている食品をあげるように気にすると、
(スポーツ飲料などでもいいです。)
元気度がアップする可能性があります。

お薬等も、そうやってその子が口にしやすい物にまぜてあげると、
ストレスが少なく給餌できます。
また、腫瘍などに効くといわれているサプリメント
(グルカン系のもの)をヨーグルトなどに混ぜてあげる事で、
生活行動力が改善することもあります。

家の仔が老衰と肝臓系、最後は頭部眼球の裏にやはり腫瘍があった
ことがありました。年齢的に手術がもうできなかったのですが、
サプリメントをあげることで最後まで割と元気でいられました。


名前
管理者
表題:

Re: リンパ腫と診断を受けて・・・今後のこと


投稿日時:
「kanon」さんの引用:
今日は、ペレット団子を作って置いておきました。少しずつですが、齧って食べているようです。

治らないと分かっているのなら、ペレット団子などの総合食より、ミックスフードの様なエサを与えてみて、よく食べるものが何かを探し、そこから緩和することもできます。
よふかしハムズさんの様に、糖度の高い物を重点的に与えるのもありだと思います。


「kanon」さんの引用:
年を越すことは無理かもしれませんね・・・。

そう考え出すと、飼い主自身の動きが遅くなるので、獣医や薬などの他力本願的な希望ではなく、何か目標を持って動いた方が、そのハムスターや他のハムスターのためになるので、がんばりどころですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。

名前
kanon
表題:

Re: リンパ腫と診断を受けて・・・今後のこと


投稿日時:
「よふかしハムズ」さんの引用:
食事をとるのが厳しい場合、ヨーグルトや
バナナなど、食べやすい物をあげても良いと思いますよ。
カリウムが含まれている食品をあげるように気にすると、
(スポーツ飲料などでもいいです。)
元気度がアップする可能性があります

よふかしハムズさん、ありがとうございます。
なるほど、カリウムですか〜。
いろいろ調べて、食べてくれるものを与えてみます。


「管理者」さんの引用:
治らないと分かっているのなら、ペレット団子などの総合食より、ミックスフードの様なエサを与えてみて、よく食べるものが何かを探し、そこから緩和することもできます。
よふかしハムズさんの様に、糖度の高い物を重点的に与えるのもありだと思います。

普段与えているペレットでいいんだと思っていました。
1時間半ペレットをすり鉢で擦る必要はない・・・のですね。今のところ、ゼリーを好んで食べています。(食べやすいのでしょうね。)ミックスフード、ヨーグルトなど、検討してみます。


「よふかしハムズ」さんの引用:
また、腫瘍などに効くといわれているサプリメント
(グルカン系のもの)をヨーグルトなどに混ぜてあげる事で、
生活行動力が改善することもあります。

グルカン系ってことは、アガリクスもそうですよね?
一応、ハムスターセレクションを購入して、待機させてるのですが、本当に必要なのか不安で使っていません。少し、混ぜてみたほうがいいのでしょうか?



「管理者」さんの引用:
そう考え出すと、飼い主自身の動きが遅くなるので、獣医や薬などの他力本願的な希望ではなく、何か目標を持って動いた方が、そのハムスターや他のハムスターのためになるので、がんばりどころですね。

目標・・・
う〜ん、難しいですね。

今は、「物を食べてもらう事」でしょうか?
(視点が完全にズレているかもしれません。「なんでやねん!!」ってツッコまれるかも・・・。)
じっくり考えてみます。


説明
今日のお昼に撮影しました。
ゼリーを好んで食べているので、
ペースト状にしたペレットをかけてみました。
何とか舐め取って食べていました。
ダウンロード回数
26回
ファイル形式
JPEG

説明
半年前のアークです。
この頃より半分の大きさになってしまいました。
ダウンロード回数
21回
ファイル形式
JPEG

名前
よふかしハムズ
表題:

グルカンは


投稿日時:

商品名を書くのが御法度らしいので、
説明がむつかしいかもですが、ハムセレよりも高濃度のものです。

キノコ系ですと、粉末アガリクス系や、D−フラクションなどがあります。
D−フラクションは茶色い液体ですが、割と評判がよいです。

また、酵母由来のグルカンがあり、黒酵母系の物があります。
この黒酵母由来のグルカンは、家ではかなり重宝しています。

グルカン系のものの効能は、ハムさんの免疫を飛躍的に高めて
くれることです。
ただ、ごくごく稀に免疫があがらない仔もいます。

正直、はじめのお医者さんの言うようにリンパ系の病気ですと、
あまり症状の改善は見込めないのですが、
通常の腫瘍や感染系の病には効果があるようです。

また、免疫をあげてあげるメリットとしては、
実は人間もそうなのですが、免疫があがることで体感的に
「元気」になります。そうすることで、食事やおトイレなど生活行動力が
あがることに期待ができます。

獣医でも色々とりあつかっているようなので、もし興味があれば
聞いてみたらいかがでしょうか?