ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

おなかのゆるいハムスター?


名前
管理者
表題:

Re: 書き忘れていたことがありました


投稿日時:
「peko321」さんの引用:
その獣医さんは、便の検査だけなら資料があるから自分の所でも自信あるけれど、触診とか健康検査なども希望となると、資料だけでなく慣れも必要なので、自分の所よりはここの方がいい、と気さくに教えてくれて、下見に行ってみたところ、

いい獣医さんですね。
私は、ゴールデンの内蔵の大きさくらい、手の感覚で分かるようになりたいと思って、散歩出すときに、どきどきお腹を触ったりしてますが、思いっきり押さえたりしないので、未だに良く分からないです。けど、人間より分かりやすいかも。


「peko321」さんの引用:
診察までの待ち時間は他の動物が多い待合室よりは車の中の方がまだマシだろう、と思いますので・・・

犬猫はあまりキレイな動物ではないので、私は外で待つ派なのですが、この時期は寒いですよね。車の中が安心かもしれないですが、車を持っていない飼い主が、毛布持参で来ているたのを見たことがありますよ。犬と飼い主が、病院の外で毛布にくるまれていたのですが、誰か変わってやれよとか思いましたね。犬が元気なら、それも楽しそうなんですがね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
peko321
表題:

随分間があいてしまいました


投稿日時:

以前こちらで相談させて頂いた、お腹のゆるいハムスターですが、
あの後もちょこちょこゆるい便をする事があったものの、下痢という程ではなく、
食欲もモリモリ、回し車もガンガン、毛並みもピカピカで、いかにも健康!って感じで過ごしておりました。
なのですが、

8月25日あたりから、少しゆるめかな~?という感じの便を、したり、しなかったりと、
ちょっと怪しい感じだったのですが、

8月31日、夜6時のトイレ掃除、餌交換の時に巣箱から出てきたら、
しっぽがびしょぬれで、付け根が赤く腫れており、「尻尾が取れてしまう?!」と動転し、台風が来ているにも関わらず、
タクシーで動物病院に向かう。
この動物病院は、以前糞便検査をしてくれた獣医に勧められた獣医ではなく、
(結局夫の猛反対にあい、健康診断にはつれていきませんでした)
インターネットで個人的に調べた、ハムスターもちゃんと見てくれるという獣医さんです。
勧められた方は、やはり遠いので…
タクシーが来るのを待ち、
獣医に向かって…としている間に、夜7時を回ってしまい、
夜間診療になってしまいましたが、
とても丁寧に見ていただきました。
(ちなみに、ケージごと持ってきてくれとの事で、私の力では爬虫類ケージを持ち運ぶのは大変だったので、
部屋からタクシーに積む作業、タクシーから診察室に運ぶ作業と、すべてタクシーの運転手さんがやってくれました。
大変ありがたかったです)

普段の様子、食欲の有無、与えている食べ物などを細かく聞かれ、
それを記し終わると、触診です。

普段触られ慣れてないので、もっと鳴き叫ぶかと思ったら、
多少は暴れましたが、意外に大人しかったです。
つかみ方にコツがあるのかもしれません。

手から逃れようとする動きの素早さや、
毛並みの綺麗さや、
触った感触からは特に異常は感じられないけれど、
やはりお尻が異様に汚れているので、
ケージ内に落ちていた比較的新しい糞を検査。
(寄生虫は外に出ると割とすぐ死ぬので、
本当はその場でした糞がいいそうですが、しなかったので…)

すると、トリコモナスが結構な量うようよ蠢いていたので、
メトロンダゾールという薬を処方されました。
1日2回5滴の投与です。

ちなみに、私が心配した尻尾が取れてしまうかと思ったのは、
尻尾が濡れて細くなり、地肌が透けて見えていただけでした。

この時点でのハムスターのデータは、

ジャンガリアンハムスター パールホワイト
生後約1年半強 体重45g
普段の食事⇒長期飼育用実験動物ペレットを中心に、ヘルシー●レミ●ムソフト・ハードを少し。
キャベツ、ニンジン、コーンを少しずつ。

でした。

この時点で、キャベツはとりあえずストップしてみてと言われたので、
キャベツは与えなくしました。

文章を書くのが苦手なので、
読みづらい文になってしまいがちです・・・
名前
peko321
表題:

長くなるので分けます


投稿日時:

家に帰ると、少し怯えていたものの、
2時間くらいすると、すっかり立ち直り、
回し車をガンガンに回し、
飼い主を見ると猛オヤツアピール。
丁度いいので、投薬をする事に。

「甘いシロップで味を付けているので、飲むと思います」と言われていたので、
まずは普通に差し出しましたが、
一口舐めてすぐにそっぽを向きました。
『他のをよこしなさい』とばかりに、
薬の入ったスプーンを避け、ケージから身を乗り出します。

「飲まない場合は何かに混ぜてもいいです」とも言われていたので、
ハムスターのま●まという、クッキーのような食べ物に染み込ませてみました。
ハムスターのま●まは滅多にもらえない上に、味も大好きなので、
喜んで食べましたが、食べたのは1枚だけで、2枚目は断固拒否。(5滴って結構多いので、一枚では吸い切れなかったのです…)
それでもしつこく差し出すと、巣箱にひきこもってしまいました。
その後、また出てきた時に、今度はヨーグルトに混ぜてみましたが、
やはり一口だけ食べて、巣箱にひきこもってしまいました。

結局飲まないままに、8月31日は終わってしまいました。

9月1日。
朝の投薬はできず、
夕方、ハムスターが起きてきたタイミングでケージ掃除。
予備ケージで待たせてる間に、
豆腐と鰹節(共に滅多にもらえない大好物)と薬を混ぜたものを一緒に入れておく。

ケージ掃除は、トリコモナスは熱と乾燥に弱いらしいので(体から出たらすぐに死ぬらしいのですが)
洗えるものはシャワーの最大温度とヤカンのお湯で熱湯消毒。ドライヤーで乾かしついでに熱風消毒。
洗えなさそうな木製品などは、表面を除菌ティッシュで拭いて、電子レンジでチンしてみました。
ヒビが入らないかと心配しましたが、大丈夫でした。

掃除を終えて、ハムスターを見てみると、
豆腐鰹節薬は三分の二くらいしか食べられてませんでした。
やはり、五滴だと結構な量をお薬が占める事になるので、好物といえども食べたくないみたいです。

実は、飼い主「よくないかなー」と思いつつも、薬を少し舐めてみたのですけど、
「ギャッ!」って感じの味でした。
シロップの甘さなんか感じない、
ただただ苦い、というか痛い。そんな味でした。

9月2日

結局頑として薬を飲んでくれないので、
獣医に電話で相談したところ、とりあえず連れて来てみて、
こちらで試してみても飲まないようであれば、薬を変えてみるとの事で、
その日たまたま休みだった夫を説得して、連れていくことに。

高齢ハムスター用の高栄養フード(ペースト)に混ぜて与える方法を試すも、一切食べない。
その日は検査できそうな糞もなかったので、
汚れまくったお尻だけ拭いてもらい、
薬を変更に。
チニダゾールというお薬です。

こちらは少しだけ飲みやすいのか、
薬だけ差し出すと飲まないのですが、
サツマイモ(好物)と鰹節(大好物)に混ぜると、訝しみながらも食べてくれるようになりました。

9月9日

与えて一週間。
これと言って改善も見られず、悪化もせず。
毎日元気に餌を食べ、回し車を回し、オヤツをアピールし、下痢を垂れる生活な1週間でした。

夫が休みなので、また説得し、頼み込み、獣医へ。
(免許を取ろうと思いました。)

やはり、ケージ内には検査できそうな糞が無かったものの、
(下痢糞なので、床材に染み込んでしまっているのです)
汚れた尻尾の先から取れた糞で検査。

トリコモナスは外気に触れるとすぐに死ぬので、
この便が新鮮かどうかは怪しいけれど、
とりあえず見た感じではトリコモナスは見当たらなくなっている。
ハムスターのトリコモナスは完全に駆虫するのが難しいけれど、このレベルなら問題ないと判断する。
けれど、澱粉が大量に出ている。
これが下痢の原因だと思う。との事でした。
私も顕微鏡の画像を見せてもらいましたが、
以前糞便検査をしてもらった獣医が言っていた、「謎のツブツブ」と同じものに見えました。
あれも、澱粉だったのではないかと思います。

今回は薬が効いて、トリコモナス自体は問題ないレベルまでおさまったものの、
薬を飲ませる為に与えていたサツマイモが原因で下痢をしていたのではないか、との事でした。

もともと、先天的に消化器に問題のあるハムスターというのは、数は少ないけれど居て、
そういう個体は、下痢によって今回のように虫が繁殖して、といった場合は駆虫剤を処方するが、
基本的には「60点の糞を出すフード」を探していくしかないとの事でした。

と、言うのも、例えば餌はひまわりの種しかあげてません!とかいう場合は、ペレットに切り替えさせるが、
現在売られているハムスターのペレットは、
多少の違いはあるものの、基本的な構成はほとんどが同じようなもので作られているので、(大体がトウモロコシなどの穀物から作られているので)
メインの食事がペレットなのにお腹を壊しがちな個体には、「そんなにはお腹を壊さないペレット」を探すくらいしかないとの事でした。

なので、この子に関しては、
しばらく野菜やおやつをあげるのをやめて、
「一番お腹を壊さないペレット」を探すという事になりました。

とりあえずは、水と長期飼育用ペレットだけで過ごさせてみようと思います。
野菜やオヤツの習慣をつけさせてしまったので、可愛そうではありますが…
さっきも猛オヤツアピールをしてました

ちなみに、お腹を壊し出した8月25日あたりから、こちらは急に冷え込み始めたのと、
通販で頼んだピジョンミックスを長期飼育用ペレットと一緒に餌皿に入れたのが、思い当たる原因かな?と思ってます。
環境の変化と、それによるストレスかな。と。

また、何かあれば報告したいと思います。

文章を書くのが苦手なので、
読みづらい文になってしまいがちです・・・

名前
管理者
表題:

Re: 随分間があいてしまいました


投稿日時:
「peko321」さんの引用:
ちなみに、私が心配した尻尾が取れてしまうかと思ったのは、
尻尾が濡れて細くなり、地肌が透けて見えていただけでした。

いわゆる、ウェットテイルってやつですね。


「peko321」さんの引用:
普段の食事⇒長期飼育用実験動物ペレットを中心に、ヘルシー●レミ●ムソフト・ハードを少し。

ソフトはハードじゃないやつだと思いますが、意図的に用品検索から外している商品なので、与えない方が良いです。


「peko321」さんの引用:
高齢ハムスター用の高栄養フード(ペースト)に混ぜて与える方法を試すも、一切食べない。

それって、なんですか?


「peko321」さんの引用:
けれど、澱粉が大量に出ている。
これが下痢の原因だと思う。との事でした。

デンプンが出ているのではなく、盲腸糞が出てきてしまってるんじゃないですかね?
軟便に見えるのも、盲腸糞じゃないかと思ったりします。


「peko321」さんの引用:
多少の違いはあるものの、基本的な構成はほとんどが同じようなもので作られているので、(大体がトウモロコシなどの穀物から作られているので)

米やパンを食べずに、人間が健康を保てるのかという話だし、ペレットにそれを求めても、何にも答えは出ないでしょう。


「peko321」さんの引用:
メインの食事がペレットなのにお腹を壊しがちな個体には、「そんなにはお腹を壊さないペレット」を探すくらいしかないとの事でした。

「peko321」さんの引用:
とりあえずは、水と長期飼育用ペレットだけで過ごさせてみようと思います。
野菜やオヤツの習慣をつけさせてしまったので、可愛そうではありますが…

お腹に問題がある個体なら、腸内細菌を安定させるために、エサも安定させないとダメだと思いますよ。ペレットでは期待できないから、ハムスターに自分の体質に合った食べ物を選ばせるために、ハトのエサなどの穀類を主食に、ペレットを添える程度、野菜もキャベツなどの同じ物を与える続けるのが良いと思います。

それと根本的なところですが、いろいろ与えすぎだと思いますよ。
考えるのはよいと思うけど、ハムスターの体調が安定しない原因になっているのではないかと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
peko321
表題:

Re: 随分間があいてしまいました


投稿日時:
引用:
いわゆる、ウェットテイルってやつですね。

ウエットテイルって、意外に写真とかは見かけないのでパニックになってしまいましたが、
あんな感じなんですね。


引用:
ソフトはハードじゃないやつだと思いますが、意図的に用品検索から外している商品なので、与えない方が良いです。

そうなんですか!
別のサイトでお勧めされていたので買って、
食いつきも他のペレットより良いので与えていたのですが…これからは他の子にも与えないようにします。
何故良くないのか、教えていただくのはやはりNGでしょうか?


引用:
それって、なんですか?

結局それに混ぜても食べないのなら、
毛並みとかも良いからこのフードは与える必要もないとの事で、購入はしなかったので、
名前は分らないのですが、領収書には「スペシャルフード」と書いてました。
ただ、少し検索してもそれらしい商品は見つからなかったので、いわゆる院内での通称のようなものかもしれません。
お役に立てず申し訳ありません。


引用:
軟便に見えるのも、盲腸糞じゃないかと思ったりします。

盲腸糞は、ハムスターが食べる少し柔らかい糞ですよね?
それって今回みたいに形を留めないで尻尾をびしょぬれにするくらいやわらかく出るものなんですか?


引用:
米やパンを食べずに、人間が健康を保てるのかという話だし、ペレットにそれを求めても、何にも答えは出ないでしょう。

引用:
ペレットでは期待できないから、ハムスターに自分の体質に合った食べ物を選ばせるために、ハトのエサなどの穀類を主食に、ペレットを添える程度、野菜もキャベツなどの同じ物を与える続けるのが良いと思います。

とりあえず現在長期飼育用ペレットと水だけで過ごさせてみてます。
多少回し車に柔らかい糞がこびりついたりしてますけど、
尻尾がびしょびしょになるほどではありません。

ハトのエサは、こちらでお勧めされているものが手元にありますけど、
それを与え始めたあたりからお腹がゆるくなり始めた気がしているので、
この子には合わないのではないかと思ってしまいます。
他の個体は喜んで食べています。

このまま、長期飼育用ペレットでお腹が落ち着くようなら、徐々に他の餌を与えて、
「何で特にお腹を壊すのか?」を調べてみると良い、と獣医さんは言ってます。
その上でこの子に合った食生活を送らせてあげるとよいとのことです。


引用:
それと根本的なところですが、いろいろ与えすぎだと思いますよ。
考えるのはよいと思うけど、ハムスターの体調が安定しない原因になっているのではないかと思います。

たしかに、それはとても反省しています。
いくら苦い薬だといっても、飲まなかったのは結局私が色々ぜいたくさせたからだと思いますし・・・
現在、長期飼育用ペレットしかもらえなくて、
結構イライラしてるようにも見えますし。
これもふだんから私が色々あげていたせいですし・・・
ハムスターが喜ぶからと言って、
甘やかせたせいで、結局ハムスターを苦しめてしまい…
本当に反省しています…

文章を書くのが苦手なので、
読みづらい文になってしまいがちです・・・