腸閉塞(ちょうへいそく)

症状

  • 便秘
  • 食欲がなくなったり、おなかがふくらんだりする。
  • 症状が進むと次第にやせてくる。

原因

  • 固まるトイレの砂、綿、タオルやじゅうたんなどの繊維を食べて、腸につまる。
  • 毛長種の毛づくろい。

治療

  • 下剤を与える。
  • 状況によっては手術で切開をし、異物を取り出す。

予防

  • ハムスターが食べられない物は与えない、近くに置かない。
  • 固まる砂を使わない。

アドバイス

口に咥えたり、ほお袋に入れて物を運ぶ習性があるため、口に入れた小さな物を少しずつ飲み込んでしまいます。
人間や犬のように腸が太くなく便に混じって出にくいため、飲み込んだ物が腸に詰まりやすく、症状として便秘になります。
治療が遅れると死ぬ確率が高くなるため、便秘の症状を見つけたらすぐに病院へ行きましょう。

ティッシュペーパーやキッチンペーパー、綿は腸閉塞の事例が多いため、床材に使わないようにしましょう。
同じ飼育用品を使って、ハムスターの寿命が短い人は誤飲の可能性があります。
ベテラン飼い主がウッドチップを薦めているのは、ハムスターが木を飲み込んでしまっても消化できるからです。

毛繕いの多い動物なので、体毛が長い長毛種のハムスターも腸閉塞(毛球症)のリスクが高くなります。
カラーハムスターは季節に合わせて換毛できず、暑さで自分で毛を抜いたり、寒さで巣材を大量に巣に持ち込んでしまい、この場合もリスクが高くなります。
予防として毛玉予防薬などを与える方法もありますが、普通に飼育していればかかる病気ではないので、温度を管理したり清潔にするなどして予防しましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。