みんなで相談、みんなで解決。

下痢の原因(綿)

表題:

下痢は治るのですか?


投稿日時:
名前
トコ

ここ3ヶ月で、下痢(ウエットテイル?)で2匹もハムスターを亡くしてしまいました。
いずれも生後半年にも満たない、ゴールデンでした。

===============================================
★1匹目の子
ゴールデンハムスター(ホワイト長毛♀)生後約5ヶ月
子育て中(子供が生後2週間頃)に発症。最期まで餌や水は摂取していた。
抗生物質の投薬を行うも、効果なし。
最期は直腸脱になり、治療をするも、他界(発症後10日)。

★2匹目の子
ゴールデンハムスター(ノーマル♂)生後約2.5ヶ月
仲の良かった兄弟を里子に出して、4〜5日後に発症。
食欲不振で、水も飲もうとしなかった。
嗜好性の高いものや強制給餌、ペットミルクで命を繋ぐ。
脱水症状が酷いための皮下点滴と、抗生物質・整腸剤の投薬を行うも、効果なし。
下痢の症状が治まらないまま、他界(発症後12日)。
===============================================

どちらの子も病院には連れて行っていました。
投薬は欠かさず行いましたし、保温もできる限り頑張りました。
他のも多くのハムスターを飼育しているため、餌が古かったとか、そういったことはありません(消費が早いので…)。
大学時代に微生物を専攻していたので、ケージの消毒や手洗い等、様々な病気の感染は防止できるようにしていました。

私としてはできる限りのことはしてあげたつもりで、獣医さんも手を尽くしてくれました。
しかし、こうも短期間で2匹も亡くしてしまうと、『下痢は本当に治るのか』と疑ってしまいます。
治らないなら、苦い薬や痛い注射は無意味で、ハムスターにとって苦痛でしかないのでは、と思うのです。
精一杯生きようとしている子を助けたくて、一生懸命でした。

下痢は、投薬などで治るのですか?
私の対処法が間違っていて、悪化させてしまっていたのでしょうか?
もし愛ハムちゃんの下痢が治った方がいらっしゃいましたら、体験談を聞かせてください。
今後の参考にしたいので、宜しくお願いします。

世界中のハムが幸せでありますように。。。
表題:

Re: 下痢は治るのですか?


投稿日時:
名前
管理者

「トコ」さんの引用:

下痢は、投薬などで治るのですか?

ハムスターは草食に近いですから、いろんなバクテリアを体の中で飼っていて、そのバクテリアのバランスを正常な状態に戻さないとダメだし、抗生物質で下痢をするので、薬だけじゃ逆に悪化させる可能性もあります。

「トコ」さんの引用:

下私の対処法が間違っていて、悪化させてしまっていたのでしょうか?

下痢という漠然とした症状なので、何とも言いにくいですね。
エサなどが原因ではなさそうだし、立て続けというと、感染性のある病気だったような感じがしますが。

「トコ」さんの引用:

もし愛ハムちゃんの下痢が治った方がいらっしゃいましたら、体験談を聞かせてください。

私のところもダメでした。

記事を読んでいて思ったのですが、下痢の時に消化器官の細菌(バクテリア)を正常に戻そうとすると、セルロースを食べさせて善玉菌の繁殖させたいですが、体力が落ちているし点滴も含め水分の多いエサは逆効果になるので、動物性のエサを主に植物性のエサとの割合を変えてゆくのがいいのかな〜?と思いました。

ちなみに、健康な状態のハムスターのウンチを食べさせると、治りやすいらしいです。
ハムスターが自主的にウンチを食べるかどうか分からないですけど、おいしいエサを食べると消化できずに出てくる物もおいしいらしいので食べるかもしれないです。

何にせよ、ハムスターは体力がないので、完治するまで体力が保つかどうかが大きそうですが。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re:


投稿日時:
名前
トコ

管理人様、コメントありがとうございます。

やはり下痢を完全に治すのは難しいのですね。
色々と調べてみたところ、奇跡的に治っても、腸内細菌のバランスが崩れているため、再発などで亡くなってしまう場合もあるようです。
水分を与えなければ脱水になるし、与えれば下痢が酷くなることもあるし…。
獣医さんも仰っていましたが、本当に難しい病気なのですね。

管理人様は感染を疑っておいでですが、我が家ではアルコールか次亜塩素酸で消毒しています。
ケージも全く別の場所にありましたし、病気のハム本人や飼育道具を触ったときは手洗い・消毒をしていました。
が、十分だったかどうかは不安なところです。。。
もしかしたら、洋服にも付いてしまっていたかもしれませんしね。
感染でないことを祈りつつ、今まで以上に気をつけてあげようと思います。

色々と教えて頂き、ありがとうございました。

世界中のハムが幸せでありますように。。。
表題:

Re:


投稿日時:
名前
管理者

「トコ」さんの引用:

管理人様は感染を疑っておいでですが、我が家ではアルコールか次亜塩素酸で消毒しています。

読んだ後に、ふと気になったのですが、消毒剤で下痢をしたということはないですかね?
殺菌できるくらいだから、体内の細菌も殺せそうですからね。

「トコ」さんの引用:

感染でないことを祈りつつ、今まで以上に気をつけてあげようと思います。

そうですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re:


投稿日時:
名前
トコ

二度目のコメント、ありがとうございます。

消毒剤ですが、ハムにとって有害である可能性もあったので、アルコールは完全に乾燥してから、
次亜塩素酸は消毒後に一度、十分に水洗いしてから使用していました。
これは消毒のたびに確認していましたので、大丈夫だと思います。

世界中のハムが幸せでありますように。。。
表題:

初めて治りました!


投稿日時:
名前
トコ

管理人様、その節はコメントありがとうございました。
約二週間前にまた、ゴールデン(ノーマルドミノ♀・生後10ヶ月)が下痢になりました。
が、今回は完治しましたので、ご報告させて頂きます。

まず、今回の下痢の原因と思われるものは、綿でした。
こちらのサイトにも、巣材として綿を使用するのは良くないと書かれているにも関わらず、『新聞紙やパインチップだけだと寒そうだから』という、私の勝手な判断で綿を使用していました。
結果、腸内に綿が詰まってしまっていたようで、一週間ほど下痢が続いた後に出てきました。
最初の診察のときに獣医さんに触診をして頂きましたが、わからなかったそうです。
出てきた綿を獣医さんに見せたところ、普通は腸閉塞になるそうですが、この綿が原因で腸内環境が悪化し、下痢になった可能性が高いとのことでした。
ハムエッグをはじめ、色々なサイト様を拝見させて頂いている中で、『キッチンペーパーを獣医さんに勧められた』と書かれていたのを思い出し聞いてみたところ、基本的に消化のできないものや、腸内で絡み付いたりして自然排泄できないものは与えない方が良いと言われました。

次に、治療方法についてですが、飲み薬としては二種類を試しました。
薬の名前は忘れてしまいましたが、最初の薬で様子を見ても効果が見られず、むしろ酷くなったので、3日くらいで種類を変えました。
経口投薬と同時に、2〜3日に一度、脱水を和らげるために下痢止め入りの皮下点滴を打って頂きました。
確か、一度に7ccくらいだったと記憶しています。
その治療を一週間くらい続けたとき、上記のような綿が体内から出てきました。
それ以降、一進一退を繰り返しながらも、状態は少しずつ良くなりました。
因みにウンチの色は、
黄色っぽい軟便→黄色っぽい水様便(この時点で経口薬の変更)→緑がかった水様便→緑がかった軟便→黒っぽい軟便→完治
と変化していきました。

食事と水に関してですが、食欲に応じて変えていました。
食欲がないときは、1日2回、ペレットを中心に、ペットミルク等とにかく栄養のありそうなものをミルミキサーで粉砕し、水とビタシロで練って強制給餌を行いました。
食欲が少しずつ出てきてからは強制給餌をやめ、通常の固い餌と練り餌の両方を用意し、好きな方を食べられるように置いておきました。
水は、最初は脱水を防ぐために、ビタシロと水を1:1で混ぜたものを強制的に与えましたが、下痢の場合は腸の機能が低下しているため、水分を吸収できずに、かえって下痢が酷くなってしまうそうです(実際そうでした)。
与えるときは、ハムが自主的に飲む分だけに留めておいた方が良さそうです。
あと重宝したのが、『スタミノン』と『ペットスウェット』です。
スタミノンはクリーム状の栄養剤、ペットスウェットは、ポカリスウェットの動物用です。
どちらも基本的には犬用ですが、スタミノンは小動物にも使用可能との記載がありましたし、ペットスウェットは獣医さんに成分を確認して頂き、OKをもらいました。

***********************************
今回の下痢の原因(?)の綿については、私の完全なミスでした。
良かれと思ってしたことで、愛娘を苦しませてしまい、深く反省しています。
それと同時に、綿が原因で起こる病気が腸閉塞だけではなかったことに驚きを感じています。
ましてや、正反対の病気が起こるなど、予想もしていませんでした。
飼い主として、もっと色々な可能性を考えて、予想される事態を防いでいかないといけないなぁ、と痛感しました。

ホームセンターで『大きくなってしまったため』と680円で購入した娘ですが、今回の治療で3万はかかってしまいました。
それでも、大事な娘を救えたことはとても嬉しいですし、悪戦苦闘しながらも助けて頂いた獣医さんには感謝しています。

今回は正直、原因が原因ですので、書き込むのも少々恥ずかしい思いがありましたが、皆様の愛ハムちゃんが下痢になったとき、最良の対処をするための参考になれば、と書き込みさせて頂きました。

全てのハムちゃんが幸せでありますように。

世界中のハムが幸せでありますように。。。