ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ペットの密輸と規制(2/9)

投稿日時:
投稿者:USER0115

[USER_NAME]です。
最近めっきり静かですね〜?

てきとーに雑談してくださってもいいんですよ(^^)

それはさておき。

以前、輸出輸入でお騒がわせした[USER_NAME]です。

どうもご無沙汰です。
まずは引取先がみつかって良かったですね。

その時、いろいろと店員に聞いたのですが、一時期台湾では、げっ歯類は病気を流行らせるというので、飼育禁止の法律まで制定しようとしたらしく、飼い主たちのデモ抗議に遭い、法律制定こそは無くなったものの、輸入は禁止となったと聞きました。

動物好きな人にとっては確かに辛い法律ですが、やはり現実的な話をすると台湾が「島」であるというのも非常に重要なポイントだと思われます。
日本もそうですが「島」というのはある意味外界から隔離されているため、特異な生態系を形成していることがよくあります。
そういったところに外から動物を持ち込むことは、その生態系を乱す大きな原因になるんですよね。もちろん病気その他も含めて。
日本ではブラックバスなどの外来魚、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)、アライグマなんかが有名ですね。

日本で暮らしていてこのような台湾のお話を伺うと「厳しい〜」という印象を受けますが、むしろ世界的に見れば日本の法律が甘すぎるという指摘もよくあります。

じゃ、今ペットショップで売ってるのは何?と聞くと、まだ初期のころに個人輸入したものが繁殖された子孫だということでした。
しかし、店員さんも「実際は今でも密輸入があるんだよね」と。
私が買った子はお店で繁殖したらしいのですが、やはり新種や珍しい色は密輸入とのことでした。
特に最近、こちらでもアニメの「ハム太郎」が放映され、子供たちに人気が出て、ハムスターを買う人が多くなったようです。

で、このような問題もどこの国でもあることで、法律があればそれをかいくぐって商売をする人が必ず出てくるんですよね。
それが良いか悪いかは別にして。

そして今朝、新聞を読んでいたら、沿岸で密輸船が見つかって、中からハムスター類の他、ミニ豚や珍しい種類の鳥が見つかったとの事。
何千匹という数で、箱詰めにされ窒息した数もぼう大だということ、しかし法律に触れたので、全部処分するという記事がありました。
何千匹もの小動物が、人間のエゴの殺されてしまうのは見てて胸が痛みました。

たまたま見つかってニュースになったので余計そのように感じますが、実際には密輸でなくても正式な手続きを踏んで輸入される動物たちも年間相当な数が亡くなっているんですよね。

亜熱帯の台湾と温帯の日本では、病気なども違うかもしれないから、人間のためにげっ歯類を禁止するのは、いろいろ調べて納得したけど、こういうニュースを聞くとやはり人間って自然界でももっともエゴの動物だなと思います。

全くですね。

せめて私に出来ることは、自分の家で飼っているペット達を責任持って大切にしていくことです。

私もそう思います。
飼い方や接し方の違いは多々あるとは思いますが、最後まで責任を持って面倒見てあげることが飼い主のつとめではないでしょうか。

まぁ、ちょっと重い話ではありますが、たまにはこんなことを考えるのも必要ではないかと思い、あえて書かせていただきました。
他にもご意見・ご感想などあればご遠慮なくどうぞ :-)