ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

悪徳ショップと行政と飼い主(2/10)

投稿日時:
投稿者:USER0032

一番参考となったのは今まで問題にされてきた悪徳ベットショップの問題でした。
劣悪な飼育環境管理のペットショップに対して、今まではそのペットショップに直接苦情を言うことぐらいしか個人では対処できませんでしたが、今度の改正でそのようなペットショップには罰金が課せられます。

えぇと。この場合「どういう条件が揃ったら」罰金が課せられるのでしょう?
つまり「劣悪」とか「悪徳」の定義そのものをお聞きしています。

なんでかというと、このMLでもしばしば見られる光景なのですが、そういう問題というのは、まぁど真ん中のストライクな話ってのは簡単ですが、苦情を言ったりする場合のトラブルの多くは、劣悪の基準があまりに人それぞれだからです。
ハムスターの場合だと、飼育環境では複数頭を同じケージに入れるというのはやってはいけない事ですが、ショップではそんな事言ってられません。

社会システムとしての法整備というのは、確かに歓迎すべき事なのですがこの件で最も怖いのは、一部のエキセントリックな人達に絶好の「武器」を与えてしまう事です。
それは最終的には、みんなの幸せにならない事ですし。

#実は法律を作ったりする上で「劣悪」とか「悪徳」って文言をどう噛み砕いていくかってのが、すごい重要な事なんだろうと思います。
#ねっとわ〜か〜な人達にはお馴染みの :-) アメリカのCDA法案ってのも結局はこの部分で問題になったワケです