ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターのコクシジウム症・ジアルジア症と寄生虫(原虫)(2/9)

投稿日時:
投稿者:USER0057

[USER0057] です。

で,コクシジウムについて。
#真菌症,ダニに次いで原虫です
#原虫疾患もまとめてはいたのですが,まだまだ整理できてませんです

原虫疾患ではマラリアなどが有名ですが,下痢となるものにはアメーバ症(amebiasis),ジアルジア症(giardiasis),バランチジア症(balantidiasis),クリプトスポリジウム症(cryptosporidiosis)などがあります。
この内,アメーバ症(赤痢アメーバ)とクリプトスポリジウム症は発熱を伴います。

この中でも,ジアルジアとクリプトスポリジウムについて簡単に。
#これらは水道原水汚染の問題により厚生省で調査されています

ジアルジア症
病原体のジアルジア ランブリア(Giardia lamblia)は別名ランブル鞭毛虫と呼ばれ,ランブル鞭毛虫症ともいわれる。小腸の原虫疾患で,人体内によく寄生し,健常者の場合は寄生数が少ないと無症状(不顕性感染)のこともある。小児は重い消化管障害を引き起こす危険性がある。
飲料水中や生の食物,汚染された手などのシスト(cyst: 嚢子)の経口摂取により感染する。シストは抵抗性が高いが,クリプトスポリジウムより容易に塩素を用いて死滅させることが可能である。
宿主特異性を示さない株も知られており,現在では人獣共通感染症として取り扱われるようになってきている。

クリプトスポリジウム症
病原体のクリプトスポリジウム(cryptosporidium)は,コクシジウム目(Eucocidiorida)に属する胞子虫類。コクシジウム目には他にも,ニワトリコクシジウム(Eimeria),ウマニクホウシムシ(Sarcocystis),トキソプラズマ(Toxoplasma),マラリア病原虫(Plasmodium)などがよく知られている。
感染すると,腹痛を伴う水様性下痢が数日から1週間程度持続し,発熱を伴うことがある。感染しても無症状の場合もある。免疫が正しく働くと原虫が増殖できずに自然治癒する。
動物に感染するものには,胃に寄生する大型種と,腸管に寄生する小型種がある。環境中ではオーシスト(嚢包体)の形をとり,増殖することはない。
哺乳動物が保虫宿主となり,糞便中のオーシストによりジアルジアと同様な経路で感染する。

これらはいずれにしても,人獣共通感染症です。
はむちゃんをさわる前,さわった後はよく手を洗いましょう。
#手拭きタオルも清潔に!