ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

人獣共通感染症(ズーノシス)(5/8)

投稿日時:
投稿者:USER0058

[USER0058] です。

夏には細菌が増えやすいので,またズーノシスのお話しを致しますです。

ズーノシスは,動物原性感染症(人獣共通感染症)として古くは家畜
からの感染などが問題となってましたが,最近ではペットからの感染が
とりあげられていますね。

先の蚊からの感染やインフルエンザの例のように,ウィルス感染などで命にかかわる恐ろしい病気もありますが,通常のハムスターからの感染症の多くは無症状で,たとえ感染しても問題になりません。
乳幼児やお年寄りの他,抵抗力の極めて低い場合に問題となるということをあらかじめ理解した上で読んで下さいね。

1.サルモネラ症 (細菌性)下痢,腹痛,嘔吐などの食中毒様の症状
2.レプトスピラ症(細菌性)倦怠感,悪寒,発熱,頭痛など風邪に類似
3.腎症候性出血熱(ウィルス)発熱や鼻血などの出血

これらの病気は,いずれもそれぞれの細菌やウィルスに感染した動物の糞尿から感染します。
ですから,ペット自身が清潔な環境でこのようなものに感染する状況に無ければ感染すらしないですむわけです。

このようなことから,取り立てて注意する必要はなく,外から帰ったら手を洗う,調理・食事の前にも手を洗うなどの常識が守られていれば,何の問題もないと思いますです。
また以前からも言ってますが,「小児期には適度に外に出て細菌などに触れることにより免疫力をつけておき,普段から食を含めて健全で規則正しい生活をすることにより抵抗力を高める」ことが重要でしょう。
#紫外線は抵抗力を低下させますので日焼け止めを忘れずに

ハムスターを飼う場合に付け加えることは,触れる前と触れた後に手を洗う,ケージなどを清潔に保つなどでしょうか。

ここで「ケージなどを清潔に」についてなのですが,頻繁に洗ったりはしないで下さいね。
動物は自分の臭いを嗅ぐことで落ち着きますから,病気を防ごうとして行ったことが,かえって「ストレス」という恐ろしい病気の原因をペットに対して作ってしまうことになります。

それで最後に言いたいことは...,
普段の掃除は「んこを拾う」ていどにとどめましょう! (^o^)/
#あとで手をきちんと洗うことを忘れずに