ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの多頭飼育(集団飼育)(2/5)

投稿日時:
投稿者:USER0005

[USER0005]です。
今度はキャンベルの多頭飼育を考えていたので非常に参考になります。

> 飼育設備などには次の条件が必要である。
> 十分な広さを保証できる。
> 給餌・給水が十分行える。
> 喧嘩などでの待避できるスペースがある。

これは、これまでのうちでの経験からの推測および、複数の方からの多頭飼育情報と一致しますね。

狭い空間で個体数が少ないとかなり危険なのですが、それなりの空間があれば、喧嘩になっても待避できたりするので、最悪の事態は回避されそうです。

繁殖では追い盛り妊娠が起こる率が高い。体調によっては、失われる個体が出てくる危険がある。

これはやはり飼育環境では年中を通してエアコンディショニングを行っていたり、餌も比較的安定して供給される為というのも逆説的に働いているような気がしますね。
自然環境においては、よほどコンディションがよく、安定した餌の確保がない限り、連続出産というのはないのでは....と考えています。

多頭飼育は、キャンベル・ロボロフスキーではほぼ成功する。ジャンガリアンの場合、喧嘩・子食いをおこすケースがある。


ふむぅ....ジャンガリアンが一番危険性がたかそうなんですか。
でもこれはなんとなくわかる気がします。

ましい光景と感じないこと。体躯の発達も単頭飼育の個体よりも遅れ気味になる事が多い。

あ、これもなんか想像できます。
うちの場合はまだ多頭飼育の経験はないんですが、子の数が多い場合、少ない場合と比べても明らかに成長の速度は遅いです。これは単に数が多くて栄養が行き渡らないことの他に、母親にかかるストレスなどの外的要因も無視できない程度にあるのでは....?と思ってます。