ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

死産・流産でハムスターが母子共に死亡(4/7)

投稿日時:
投稿者:USER0248

[USER0248]です。

こんにちは。[USER_NAME]です。
ちょうど1週間前、チャーミーのお嫁さん、愛ちゃんがお☆様になりました。

合掌。

以下話を進めるにあたってまず状況を整理したいと思います。
#事実と推測、主観と伝聞が入り交じってるので....

1週間前になくなって、その2週間前に「妊娠は間違いだった」という話があったということで、逆算するとこうなりますね?

約1ヶ月前 ペアリング
普段よりは若干お腹が大きくなったように見えた。
約3週間前 妊娠はまちがいかも?
この間の状況は不明?
見た目は普段どおり元気だった
1週間前 他界

まずおなかが膨らんだといのが、本当に妊娠かどうかなんですが、

まずここで言っている「お腹が膨らんだ」というのがどういう状態だったのか?が一つの問題ですね。場合によっては「腫瘍」であったということも考えられると思います。
体重をこまめにチェックしていれば、その増えかたである程度判断はできます。妊娠の場合はペアリングから10日位してから急激に体重が増えますが、それ以外のばあいだと比較的穏やかな上昇傾向をたどります。

いわゆる受精の後の栓については確認できなかったということですし、その後チャーミーと愛ちゃんは別のケージに移したということで、愛ちゃんがチャーミーを避けたかどうかという確認の仕方もできません。(受精後の♀が♂を避けるという確認方法です)

「膣栓」ですが、ゴールデンでは比較的観察しやすいみたいですが、ドワーフ種の場合それを見つけるのは非常に困難です。これだけで判断するのは止めた方がいいでしょう。

また「雌が雄を避ける」というのですが、別にずっと同居してなくても確認はできます。これは先日ペアリングの話題をしていたときにも書きましたよね。ペアリングをしてから3・4日あとにもう一度会わせてみたときの反応で判断します。ただし、これも個体の性格に依存するので100%確実な方法ではありません。

まず、飼育書によると、”ハムスターにも偽妊娠がある”という記述がありました。
”偽妊娠の状態が2週間程続くが、その後は正常に妊娠可能である”という書き方で、少なくとももし愛ちゃんが偽妊娠だとしても、それが原因で死亡したとは考えにくいと思います。

偽妊娠についてはこのMLでも何度か報告がありますよね。で、繰り返し書きますが飼育書の記述が全て正しいわけではありません。特に最近出版された一部の書籍をのぞいて、そのほとんどがゴールデンを主体に記述されているため、ドワーフ種にはそのまま当てはめられないことが多いです。

次に、もし、妊娠していた場合ですが、流産して、流産した赤ちゃんを食べてしまったという可能性なんですが、これもないわけじゃないと思いました。
ただ、流産が原因かどうかというと、それもわかりません。
もしかしたら、他の原因があって、流産したのかも知れません。そしてその、他の原因が直接の死因だったのかもしれないと思うのです。

細かい状況がわからないのでなんともいえませんが、日数的には流産や死産の可能性もあるでしょう。ただその場合、これまでの事例だと、流産なり死産なりがあった時は、母体もかなり衰弱しますし、巣などに血痕が見られたりしますので、毎日見ていれば気が付くでしょう。

そして、私が、一番怖いなと思うのは、死んだ赤ちゃんがおなかのなかから出なかったかもしれないっていうことです。

これも[USER_NAME]さんが報告されているようにありえない話ではないでしょう。
でも、この場合でも母体の衰弱というのはあると思います。
#どうでした? >[USER_NAME]さん

飼育書等には、こういう事故について触れているものが少なくて、死んだ赤ん坊がおなかの中で腐敗していって、母体に影響を与えるという事故が実際ハムスターにあるかどうかわからないのですが、人間でもある限り、ハムスターにないとも言えないと思います。

で、母体の中で腐敗すれば尚のこと「死産」のような形で現象を目にすることになるのではないかと思うのですが。

外から見て、傷等はなかったということですが、もし、ちゃんと調べたら、おなかの中に赤ちゃんが残っていたかもしれません。

触った感じはどうだったのでしょう?もし上記のようは仮説があたっていたとして、ペアリングからの経過日数を考えるとかなり成長していたはずですので、触ればなんとなくわかるような気もします。

また、今回は直前にペアリングを試みていることから、どうしてもそこに原因を求めてしまいがちですが、それ以外にもいろいろと原因は考えられますよね。上の方で書いた「腫瘍」もそのひとつですし、まったく原因不明の「突然死」というのも過去何度となく報告されています。
#[USER_NAME]さんご本人も昨年立て続けにその「突然死」を経験されているはずです。

いずれにしてもこれらは「伝聞と推測」を元にした「仮説」でしかないので、なんら説得力を持ちません。せめて実際にその場に立ち会っていた方からの情報提供があれば、もう少し違った見方もできるかもしれません。その場合でも「結論」が出る保証なんてありませんが....

それよりもこのペアリングの時期ってまさに先日このMLで話題沸騰していた時期ですよね。お見合いに限らず出産後の話までかなり密度の濃い情報が提供されていたと思います。にもかかわらず、妊娠したかどうかの確認など、その情報が生かされていなかったというのは非常に残念です。