ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

地震によるショック死

名前
美玖
表題:

地震によるショック死


投稿日時:

こんばんわ。
私の愛ハムが昨日旅立ちました。
その日は動物病院に健康診断に行き、(とても健康と言われました)帰って来て4時間くらいして見ると
寝たようにぐったりしていて呼吸が荒くなっていました。
脱脂綿に水を含ませて飲ませたり、暖めたりしたのですが夜中に息を引き取りました。。

実は動物病院から帰るときにキャリーケージを思いっきり揺すってしまったんです。
(わざとしたんではありませんが)
でも中の様子を確認せずそのまま帰りました。
亡くなってから動物病院に連れて行ってみると骨折などはしていないが
ケージが揺れたときのショック死だと言われました。。
あのとき、ちゃんと中の様子を確認し、ハムスターが大丈夫であるか
ちゃんと見ていればこんなことにはならなかったのに・・と後悔しています。

動物病院の先生が言ったことを疑っているのではありませんが
やっぱりショック死なんでしょうか?ほかにこのような病気はありませんか??
ちなみに、動物病院に連れてったときのストレスが原因なのかもしれないんですが・・


それから、前に飼っていたハムスターは新潟の地震が起きる3日前から昼間もずっと
起きていて、地震が起こった次の日になくなりました。
昨夜亡くなったハムスターと同じように・・・。

ここではありませんが、ペット総合サイトの掲示板でこのことを言ったところ
「地震によるショック死じゃない?」と言われました。
地震が起きた次の日に亡くなったハムちゃんは結構いました。
でも私の家は地震の被害が全くなかった兵庫県です・・

地震によるショック死のことも教えてください!

名前
Always
表題:

むずかしいですね


投稿日時:

こんばんわ。
まず、愛ハムを続けて亡くされたことに、お悔やみ申し上げます。
原因はどうあれ、死後もかわいがってくれるご主人を持って、きっと天国で幸せになっていることと思います。

僕は経験が少ないんで、地震によるショック死というのがピンときません。
また、今はお辛いかもしれませんが、他の経験豊かな方のご意見を伺うためにも、愛ハムちゃんたちの種、それから、地震の様子や病気の経緯などを、もう少し詳しく教えていただけると、よろしいかなと思います。よろしくお願いします。

僕のつたない意見としては・・・
もともと重症な上に移動があって、症状が悪化してしまったのかもしれませんが、その場合でも診察や治療は必要だったと思います。
ハムは代謝が早くデリケートな生き物らしいので、些細なことが原因で、かいわいそうですが死に至ることは、ベテランの方でも多く経験されているかと思います。

くりかえしますが、愛ハムちゃんたちは、幸せだったと思いますよ。


名前
管理者
表題:

ストレス死ですよ


投稿日時:
「美玖」さんの引用:
実は動物病院から帰るときにキャリーケージを思いっきり揺すってしまったんです。

なぜ水を飲ませたのか、私には分かりませんけど、状態から見てストレスが極端にかかったときのハムスターの死に方だと思いますよ。よだれを垂らしたり、泡を吹いたりしていませんでした?


「美玖」さんの引用:
地震が起きた次の日に亡くなったハムちゃんは結構いました。

私も神戸なので、同じく兵庫県ですよ。

地震ですけど、地震のショックで死ぬ動物なら、とっくの昔に絶滅していますよ。しかも、ホントに地震で死ぬのなら、地震の数時間後に、よだれを垂らしながら死んでしまうでしょうから、翌日までハムスターの精神力が持つとは思えません。けど、ハムスターがストレスに弱いのは確かなので、地震の前後に何があったのかですよね。

人間のダメな所は、自分の分からないときは神秘的な力が、原因だと思ってしまうんです。そうやって、お星様にされてしまったハムスターも多いと思います。しかし、そう思いたくないから、質問してきたと思うので、もう少し詳しい情報を教えてください。
Alwaysさんの意見も正しいと思いますし……

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
美玖
表題:

Re: ストレス死ですよ


投稿日時:

うちのハムスターの詳しい情報です。

☆最初にお星様になってしまったハム☆
種類 ジャンガリアン・プディング
性別 ♂
年齢 9ヶ月

☆続けて旅立ってしまったハム☆
種類 ジャンガリアン・ブルーサファイア
性別 ♀
年齢 1歳半

やっぱりストレス死だったんでしょうか・・
そうだとしたらとてもかわいそうな旅立ち方ですよね・・

地震によるショック死はありえないんですか??
それでは最初に旅立った方のハムは地震の以前になにかあったんでしょうね・・
私はそのハムがなくなる前の2日間、用事で家にいなかったんで家族に世話を頼んでました。
やっぱりそれがいけなかったのでしょうか・・。

でも、泡が口からでたり、よだれを出したりというのは全くありませんでした。
最初は寝てるようにグッタリしていて、熟睡してるのかと思い、少しさすると
目をあけてそのまま縮まっていたからだが伸びて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

水(砂糖をふくませた水)を何故飲ませたかというと
動物病院の先生とちょっと知り合いで、家の電話番号を聞いたので
夜遅かったのですが電話して応急手当の方法を教えてもらいました。
それが「砂糖水を飲ます・暖める」だったんです・・・

名前
Always
表題:

死因の追求は辛いですね


投稿日時:

こんにちは。
辛い状況のなかで、愛ハムちゃんたちを思い出させてしまいましたね、ごめんなさい。

最近、死因を追及するトピックが増えてきていますね。悲しいことです。
それも大事なことでしょうけど、死に至らせないために、病状などの情報を交わしあいたいですね。(もっとも初心者の僕は提供は少ないでしょうけど)

初心者のくせに、複数のかたへいいかげんなコメントなぞ書いたりしていて気がついたのですが、死因の追求って難しいですね。情報があまりにも少ないし、直にハムちゃんを診察できないし。もっとも僕が診察してもわからないでしょうけど。

ただ、それではフォーラムが成り立たないと思いますので、僭越ながら、表面的な情報として最低限必要そうなことを列挙してみますが、項目と内容はいかがでしょうか?

・ハムちゃんの種類・年齢・性別・体長・体重
・最近2〜3日間のハムちゃんの様子と経過(ぐったりして動かない、首が曲がっている、手や足がぶらぶらしている、口から泡を吹いている、目が飛び出している、毛づやが悪い、バーサーカー化している、生殖器が異常など)
・食餌の内容と量、与える時刻、食べた量など
・ケージ、床材、ハウス、トイレ、回し車などケージ内のグッズ
・ケージを置いている環境(室温、床かテーブルか、大きな音をたてるものや電気機器のそばかなど)
・ケージと内容物の掃除(間隔、作業内容など)
・数日内の事故の有無(高所から落ちた、網などに絡まり骨折したなど)
・長時間にわたり、ストレスを与えつづけるようなことがあったか?(子供に長時間かまわれまくった、頻繁にケージを移動したりグッズを入れ替えたりした、昼間にやたらと起こそうとしたなど。ただ一時的な環境変化は、強いショックを除き順応できそうに思えます。)

ま、言うが易し・・・で、普段からこれだけ詳しく観察するのはたいへんそうですね。僕には自身ないです。