ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

脱水症状の時のお水の与え方について

名前
りんりんぽっぺ
表題:

脱水症状の時のお水の与え方について


投稿日時:

こんにちは。ジャンガリアンハムスター(オス)を飼っています。生まれて1年になります。

ずっと 元気だったのですが 昨日の朝から急に元気がなくなって ずっとぐったりして 食欲も全くなくなってしまいました。息使いも おなかで荒い息をしていて とてもしんどそうです。

今朝 ハムスターも見てくれる病院で診察してもらい「脱水症状」と診断され 栄養剤の入ったお水を注射してもらいました。その後も 状態はかわりません。

暑いので お昼になるとクーラーを毎日つけて気をつけていたのですが とても しんどそうで なんとかしてあげたいです。

エサもお水も全く飲んだり食べたりしません。

お盆で病院が休みに入るので なんとか お水を与えたいのですが スポイドなどで お水を与える与え方とか 脱水症状の時に 与えた方がよいものとかあるのでしょうか?

指に水分をつけて なめさせようとしてみましたが 抱っこをされるのも嫌がります。お水を飲むのも嫌がります。

このまま 弱っていく姿を見ながら 悲しくて、どうすることもできないのかなと思っていたところ こちらを見つけました。

どなたか こういったご経験がある方 どうか助けてください。

こんなことをしたら元気になったよという 小さなことでもいいです。どうかどうか お返事をください。よろしくお願い致します。

名前
ハムずママ
表題:

私もまだまだのハムちゃんの親ですが


投稿日時:

気候もすごいし、体調、さぞ心配ですよね。
ハムちゃんの好物もダメでしたか?
私だったら、ポカリを薄めたものや、ヨーグルトを指につけて口元に持っていってみるか、茹でたブロッコリーや小松菜をあげてみると思います。
元気が出るといいですね。お大事に。

名前
りんりんぽっぺ
表題:

Re: 私もまだまだのハムちゃんの親ですが


投稿日時:
「ハムずママ」さんの引用:
気候もすごいし、体調、さぞ心配ですよね。
ハムちゃんの好物もダメでしたか?
私だったら、ポカリを薄めたものや、ヨーグルトを指につけて口元に持っていってみるか、茹でたブロッコリーや小松菜をあげてみると思います。
元気が出るといいですね。お大事に。

ハムずママさん お返事ありがとうございます。
チーズが大好きなのですが 食べませんでした。
ポカリを薄めて スポイドで少しずつ 口に入れました。
もう少し元気になったら 茹でたブロッコリーや小松菜をあげようと思います。
ありがとうございました。

名前
りんりんぽっぺ
表題:

ありがとうございました。


投稿日時:

一生懸命がんばっていましたが さきほど亡くなりました。ここのページがあって心強かったです。回答をいただいたハムずママさん 本当にどうもありがとうございました。この子がうちにきてくれて すごくすごく幸せでした。


名前
管理者
表題:

Re: 脱水症状の時のお水の与え方について


投稿日時:

書き込もうと思ったら、死亡報告の書き込みがありました。


「りんりんぽっぺ」さんの引用:
「脱水症状」と診断され

脱水症状ではなく、熱中症が原因で大量の水分を摂ったが間に合わず、もしくは水分も摂れない状態だったので、死にかかっていたというのが正解だと思います。
脱水症状だけなら、回復すると思いますが、ハムスターにとって熱中症は高確率の死亡フラグです。

手遅れだけど、知っている方法を少し書きます。

とりあえず熱中症にはポカリスエットですが、スポーツドリンクは胃酸で濃くなってしまい、意外と吸収率が悪く、乾燥地帯動物かつ胃が2つもあるハムスターにとって、スポーツドリンクの濃度が適切かは分からないです。
なので、粉末のポカリスエットを皿の上に少し出して、上からスポイトで水を垂らし、ハムスターが飲むのを確認しながら濃度を変えるか、濃度の違うポカリスエットを作って、自分で選ばせるのが良いです。特に暑いと、乾燥して濃くなるので、すぐに飲まないときにも有効です。
それと、甘味料の入ったスポーツドリンクがあるので、ポカリスエット以外は使わないように。逆に弱ります。

果物で水分と栄養を摂らせる方法もありますが、スイカなどの夏や南国の果物や野菜は、利尿作用が高く逆効果になることがあります。
オススメは、桃とブドウですが、ブドウはデラウェアでも巨峰でもハムスターは食べます。管理者、実証済みです。果物は、汁だけ飲んだり、実を食べたり、皮との境目の栄養価の高いところを食べたりと、ハムスターが自分で選べるので、深く考えずに与えられます。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。