肥満症(ひまんしょう)

症状

  • 腹部のハゲ。

原因

  • 栄養のかたより。
  • ストレス。
  • 運動不足。
  • 遺伝。

治療

  • NO DATA。

予防

  • 適切な食事。

アドバイス

ほとんどの肥満は飼い方の問題です。
冬体質のまま季節に体質を合わせて変化させられず、太りやすい毛色のハムスターもいます。
普通は、冬が近づくと体重が増え、夏が近づくと体重が減ります。
ハムスターの体重は実験動物のデータなので、体重が重いので太っているかと思ったら、ただ体が大きいということもあります。
写真館に種類や年齢で検索できる写真があるので、見比べてみてください。

甲状腺などの病気などで太ったり、腹水症などの病気で太って見えることもあるため、気になるのなら病院で検査してもらいましょう。
急に太ったときは要注意です。
そのときに獣医師に餌について質問しても、一般的なことを言われるか、病院で売っている餌を勧められるため、自分で調べましょう。

肥満は万病のもとです。
捻挫ですむケガで骨折したり、毛繕いしたくても足が届かずに、臭腺に分泌物がたまり炎症を起こしたり、脂漏性皮膚炎になることもあります。
脂肪は体の表面だけでなく、内臓にもついてしまうので、脂肪肝や肝不全心不全になったり、糖尿病、子宮蓄膿症の原因にもなります。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。