なついているハムスターの具体的な行動とは

表題:

なついているハムスターの具体的な行動とは


投稿日時:
名前
pokemogu

現在、メスのゴールデンハムスター1匹を飼い始めて9ヶ月ほどになります。

ケージは面積43cm×163cmのガラスケースで、回し車はサイレントホイール25、巣箱は陶器製の直径18cm高さ12cmほどの円筒形のものを使用しています。

当サイトを参考にして、ミルワームを飼育し(飼育しすぎて最近は蛹ばかり与えています)、散歩も基本的には毎晩室内を巡回させています。主食はペレットでナッツ類(アーモンド、ピーナッツ、ピスタチオ)、キャベツも与えています。

毎日、私が帰宅するとケージ越しに擦り寄ってきます。

ただ、擦り寄ってくるというのは、基本的にはエサがほしいか、散歩に出してほしいか、のいずれかであろうことは感じております。手からエサは取りますが、体を触られるのは非常に嫌がり(すごい勢いで逃げます)、手にも乗りません。

当サイトのフォーラムでは、「そのハムスターはエサがほしいだけで、なついていない」というような返答を見受けるのですが、純粋な疑問として、「エサがほしい、散歩に行きたい」などの本能を満たす為に擦り寄ってくる以外の「なついているハムスターが取る行動」というのは何があるのか、知りたいと思いました。

なついているハムスターであれば手に乗り、触らせてもくれるものなのか、そうであればまだ現状は改善すべき状態であることが分かるかと思いお伺いしたい次第です。


説明
ケージとレイアウトです。
ダウンロード回数
21回
ファイル形式
JPEG
表題:

Re: なついているハムスターの具体的な行動とは


投稿日時:
名前
管理者

「pokemogu」さんの引用:

ミルワームを飼育し(飼育しすぎて最近は蛹ばかり与えています)、

この時期、そうなっちゃいますよね。
ハムスターもよく食べるシーズンなので思ったより余らないですが、成虫になったミルワームは繁殖用にしてます。

「pokemogu」さんの引用:

ただ、擦り寄ってくるというのは、基本的にはエサがほしいか、散歩に出してほしいか、のいずれかであろうことは感じております。

ハムスターは今の自分の行動にメリットがないと、基本的には人間に近づいてこないです。
超マイペースで他者の影響を受けづらいところが、ハムスターの魅力で飼いやすい理由なので、そんな生き物だと割り切って飼うと、ハムスターに負担をかけないので、余計に懐きやすくなります。
逆に、マイペースすぎて変化に気づきにくいので、飼い主の知識と洞察力は他のペット以上に必要ですが。

「pokemogu」さんの引用:

手からエサは取りますが、体を触られるのは非常に嫌がり(すごい勢いで逃げます)、手にも乗りません。

昔からそうだったんでしょうか??
散歩を習慣にして、9ヶ月も飼っていると、体を触られることは嫌がっても、逃げるほどではないと思います。
世話の時間がバラバラで、ハムスターが時間から飼い主の行動を予測できないとかありますが、無理に懐かせようとして結果、手を怖がっている気がしますね。
無茶な飼い方をしていないのなら、飼い主の手がケージに入ってくる時は、ハムスターにとってメリットがある行動ですから、エサなら餌入れの前で待っていたり、散歩ならケージの出口近くで掴まれようとします。

「pokemogu」さんの引用:

純粋な疑問として、「エサがほしい、散歩に行きたい」などの本能を満たす為に擦り寄ってくる以外の「なついているハムスターが取る行動」というのは何があるのか、知りたいと思いました。

人間の感覚だと、好きな異性にアピールするような行動はしないですね。
言葉と行動は起点は同じで、相手が自分の思ったとおりの考えや行動してくれないと、自分から行動する必要があるわけで、懐いていると無駄な行動はしなくなります。
しかし完全には意思疎通できないしハムスターも暇なので、横目でこっちを見ながら回し車でゆっくり走って、「あ~、散歩に行きたいなぁ~」と考えていることがあって、その時に飼い主を見つけると、凄い勢いで走り寄ってきます。

「pokemogu」さんの引用:

なついているハムスターであれば手に乗り、触らせてもくれるものなのか

手乗りはエゴなのでオススメしないですが、用があれば乗ってきたり、服の袖に掴まったりと、ハムスターなりにいろいろアピールしますよ。
飼い主が自分を守ってくれる存在だと思っていると、触っても嫌がらないですし、掴んで移動させても全く動じないです。

「pokemogu」さんの引用:

そうであればまだ現状は改善すべき状態であることが分かるかと思いお伺いしたい次第です。

ケージ、めちゃめちゃ広いですね。うらやましい。自作ですかね??
けど、ケージ上部からの世話をすると、ハムスターが安心できず懐かない原因になるので、エサの準備など毎日の世話をするためだけに部分的に開くように、フタの部分を改造した方が良いと思いますよ。
あと、パイプや飼育用品が右に偏っているのも理由が気になりますね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: なついているハムスターの具体的な行動とは


投稿日時:
名前
pokemogu

管理者様、ご返答ありがとうございます。

「管理者」さんの引用:

この時期、そうなっちゃいますよね。
ハムスターもよく食べるシーズンなので思ったより余らないですが、成虫になったミルワームは繁殖用にしてます。

繁殖までされているとはすごいですね…。私は羽化を防ぐために蛹は冷蔵庫に保管しています。

「管理者」さんの引用:

超マイペースで他者の影響を受けづらいところが、ハムスターの魅力で飼いやすい理由なので、そんな生き物だと割り切って飼うと、ハムスターに負担をかけないので、余計に懐きやすくなります。
逆に、マイペースすぎて変化に気づきにくいので、飼い主の知識と洞察力は他のペット以上に必要ですが。

仰る通りだと思います。私も割り切って飼っているので、正直なところ別に触らせてくれなかったり手に乗ったりしないことはそれほど気にしていません。ただハムスターの方がどう思っているのかが気になったものです。

「管理者」さんの引用:

昔からそうだったんでしょうか??
散歩を習慣にして、9ヶ月も飼っていると、体を触られることは嫌がっても、逃げるほどではないと思います。
世話の時間がバラバラで、ハムスターが時間から飼い主の行動を予測できないとかありますが、無理に懐かせようとして結果、手を怖がっている気がしますね。

昔からそうですね。毎日触ろうとしているわけではなく、二週間に一度くらい、そろそろ触らせてくれるかな〜と思って触ろうとするとすり抜けるように逃げてしまいます。

世話は帰宅直後にするので、帰宅時間(19時〜21時)によってバラバラです。必ず帰宅している21時あたりに世話する時間を固定してみたいと思います。(早く帰宅した場合は時間まで無視しないといけないですね…)

「管理者」さんの引用:

無茶な飼い方をしていないのなら、飼い主の手がケージに入ってくる時は、ハムスターにとってメリットがある行動ですから、エサなら餌入れの前で待っていたり、散歩ならケージの出口近くで掴まれようとします。

私が手を入れると、手をひたすら追っかけてきます。私がケージ付近にいる時はまずじっとしていません。飼い主の手がメリットがあることは理解していると思いますが、管理者様のハムスターの様に行儀よく待ってくれることは無いです。

結局のところ、エサの出る手だとしか思われていないのかもしれませんね。

「管理者」さんの引用:

手乗りはエゴなのでオススメしないですが、用があれば乗ってきたり、服の袖に掴まったりと、ハムスターなりにいろいろアピールしますよ。
飼い主が自分を守ってくれる存在だと思っていると、触っても嫌がらないですし、掴んで移動させても全く動じないです。

私の服の袖に入り込むことはあります…どう見ても単なる好奇心なのですが。いずれにしても、まだ私を信頼できるには至って無い可能性が高いという状態であると考えたいと思います。

「管理者」さんの引用:

ケージ、めちゃめちゃ広いですね。うらやましい。自作ですかね??
けど、ケージ上部からの世話をすると、ハムスターが安心できず懐かない原因になるので、エサの準備など毎日の世話をするためだけに部分的に開くように、フタの部分を改造した方が良いと思いますよ。
あと、パイプや飼育用品が右に偏っているのも理由が気になりますね。

ケージは安くすませる為にIKEAの7千円ほどのガラスケース(Detolf)を使用しています。海外サイトでハムスターケージとして利用している例が多かったので参考にしました。

ケージとして作られていないので通気性が考慮されていないことから、フタは開けっ放しなのですが、良くないのですね。何かメッシュ状のフタをかぶせるようにします。

飼育用品が右に偏っているのは、最初はこのケージの半分ほどの大きさのプラスチックケージで飼っていたのですが、巣箱や回し車が大きめなので狭苦しくなり、ハムスターも暴れ気味でストレスになっていると思い、今のケージに引っ越ししましたが、レイアウトを変えるのは良くないと思いまして、前のケージのレイアウトをそのまま持ってきたことによるものです。

とりあえず左半分はハムスターが走り回れるスペースとなったので良いかと思っていましたが、少しづつでも左にずらして行ったほうが良いでしょうか?

表題:

Re: なついているハムスターの具体的な行動とは


投稿日時:
名前
管理者

「pokemogu」さんの引用:

繁殖までされているとはすごいですね…。私は羽化を防ぐために蛹は冷蔵庫に保管しています。

昔冷蔵庫で保管して、大量に死なせたことがあったので、結果的に繁殖しちゃってますね。

「pokemogu」さんの引用:

昔からそうですね。毎日触ろうとしているわけではなく、二週間に一度くらい、そろそろ触らせてくれるかな~と思って触ろうとするとすり抜けるように逃げてしまいます。

昔飼っていたゴールデンが、ケージの出入り口付近で止まってこっちを向いて出たそうにしていたので、いつもの通り散歩に出したら、それ以降逃げるようになりましたね。
原因はハッキリしていて、寒いから迷っていたのに、強引に出されたのや嫌だったようです。
エサの時間は逃げず、春になったら全く逃げなくなり、次の冬になるとエサの時間以外は逃げてましたね。
掃除の時は出さないと仕方ないので掴んでケージから出してましたが、出されるとき以外は普通でした。
ゴールデンハムスターは頭が良いので、ペットショップにいた頃とか、何かトラウマになるようなことを覚えているかもしれないですね。
その原因を探すのは大変かもしれませんが、パターンがあると思うので、分かる範囲なら協力します。

「pokemogu」さんの引用:

必ず帰宅している21時あたりに世話する時間を固定してみたいと思います。

コミュニケーションが難しいですし、予測できない行動を極端に嫌う動物なので、ハムスターが予測している行動をしてあげる方が良いですね。
時間もそうですけど、飼い主の足音が聞こえる、部屋の電気を点ける、ケージを開ける、袋を開ける音がするなど、手順も大切です。

「pokemogu」さんの引用:

私の服の袖に入り込むことはあります…どう見ても単なる好奇心なのですが。

小さな空間が気になる動物なので、指を真っ直ぐ差し出すのではなく、少しお椀状にしてあげると、乗ってきたりもしますけどね。
懐いてないときに掃除するときは、先にケージにお椀やコップを入れると、気になって入ってきたりします。
しかし、明確な意思表示をしないとだますことになるので、掃除機などの道具の用意をしてケージを移動させてから、ハムスターに行動を認識させて素手で掴むのが良いです。

「pokemogu」さんの引用:

ケージは安くすませる為にIKEAの7千円ほどのガラスケース(Detolf)を使用しています。海外サイトでハムスターケージとして利用している例が多かったので参考にしました。

棚を横に倒している訳ですね。
デカイだけで衣装ケースや水槽で飼う場合と、同じ問題が起こりますね。

「pokemogu」さんの引用:

ケージとして作られていないので通気性が考慮されていないことから、フタは開けっ放しなのですが、良くないのですね。何かメッシュ状のフタをかぶせるようにします。

ハムスターのケージを選ぶ場合は、上から覗き込んだり手が入るのは、怖がるからダメなんですわ。
実際には手を怖がっていないのに、手から逃げるのも、本能的に上から鷲掴みにされることを怖がっているのかもしれないです。
水槽タイプなら、ケージのフタを開けっ放しはストレスになるし、予想できない方法で脱走されることもありますよ。
スペースとお金に余裕があるのなら、爬虫類用のケージに買い替えることをオススメします。

「pokemogu」さんの引用:

とりあえず左半分はハムスターが走り回れるスペースとなったので良いかと思っていましたが、少しづつでも左にずらして行ったほうが良いでしょうか?

トピック違いですが、パールホワイトのダイエット方法についての記事が参考になります。
飼い方のレイアウトの記事を書き直したいんですが、やっとサーバー新しくしてプログラムも新しくしている最中で、記事はまだ先になりそうなので申し訳ないです。
飼い主が右利きなら、左がハムスターの居住スペースにして、左は飼い主からの死角で覗き込みもできない状態にするのが良いのですが、水槽だと実質無理なんで、爬虫類用のケージを薦めてます。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: なついているハムスターの具体的な行動とは


投稿日時:
名前
pokemogu

「管理者」さんの引用:

ゴールデンハムスターは頭が良いので、ペットショップにいた頃とか、何かトラウマになるようなことを覚えているかもしれないですね。
その原因を探すのは大変かもしれませんが、パターンがあると思うので、分かる範囲なら協力します。

今のところパターンを見出すことはできていません。暖かくなった今でも触らせてくれないのは変わりません。しばらく無理の無い程度で触り方を変えてみていきたいと思います。

「管理者」さんの引用:

コミュニケーションが難しいですし、予測できない行動を極端に嫌う動物なので、ハムスターが予測している行動をしてあげる方が良いですね。
時間もそうですけど、飼い主の足音が聞こえる、部屋の電気を点ける、ケージを開ける、袋を開ける音がするなど、手順も大切です。

狭いワンルームマンションに住んでおりまして、必ずケージの横を通ることから、帰宅時に気づかれない様にするのは難しいです…。袋を開ける音には良く反応するので、これを合図にしたいと思います。

「管理者」さんの引用:

実際には手を怖がっていないのに、手から逃げるのも、本能的に上から鷲掴みにされることを怖がっているのかもしれないです。
水槽タイプなら、ケージのフタを開けっ放しはストレスになるし、予想できない方法で脱走されることもありますよ。
スペースとお金に余裕があるのなら、爬虫類用のケージに買い替えることをオススメします。

一旦、右半分をすだれでフタをしました。これで少し様子を見たいと思います。

爬虫類用ケージですが、大きくとも面積が45cm×90cmの様ですので、今のケースよりも狭くなってしまいますね。必要十分なスペースがあれば狭くなったとしてもハムスターは気にしないものなのか…試してみるしか無いと思いますが。