ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

は虫類用ケージでの齧り


名前
管理者
表題:

Re: は虫類用ケージでの齧り


投稿日時:
「ガチャピン」さんの引用:
エサ入れには常に満タンに入れているんですが、ご飯を交換後、真っ先に鳥エサを食べて(というより頬袋に詰め込んで?)鳥エサのみ空っぽになってしまうので、その場で追加してあげるんですが、また鳥えさのみ食べて。。。

よく食べている印象は受けるんだけど、体重減ってるんですよね?
ペレットが悪くても、鳥のエサが良ければ、体重は増えると思うんですけど、そのエサが悪いんですかね?


「ガチャピン」さんの引用:
キャベツに関しては、新しいキャベツを買ってきたところで、新しいものを買う前は芯の辺りばかりで、買ってきた後柔らかい葉が出てくるようになったからかな?と思ったのですが。大きさは小さくは無いと思うのですが、、、名刺の半分くらいの大きさか、半分より少し大きいくらいにちぎっています。

名刺ぐらいだと小さすぎると思いますよ。
キャベツの種類によって大きさが違いますが、キャベツをスイカみたいに1/2〜1/6の大きさに切って、それを我が家では、3つに手で分けて与えてます。ケージが3つあるから、3つに手で分けているんですが、ハムスターの食べ残しを見て、前回どの部分を与えたのかを考えて、同じ部分が当たらないようにしてますね。
分け方ですが、キャベツの葉の部分に指を入れて、芯ごとむしり取るような感じで割るので、キャベツによじ登って食べている時もありますよ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ガチャピン
表題:

Re: は虫類用ケージでの齧り


投稿日時:

管理者様、返信ありがとうございます。


「管理者」さんの引用:
よく食べている印象は受けるんだけど、体重減ってるんですよね?
ペレットが悪くても、鳥のエサが良ければ、体重は増えると思うんですけど、そのエサが悪いんですかね?。。。

よく食べてると思っていたら、巣箱から大量の鳥エサを発見したんです。食べていなかったのか・・・と。
うんちで確認しようかと思ったのですが、また巣箱荒らされたよ・・・と思って欲しくないので、その周辺を確認するのは1週間~2週間に一回にしています。
鳥のエサが悪い・・・普通の鳥エサだとは思うのですが。。。皮付きのやつです。
食べていると皮のみが砂浴び場に捨ててあるので、最近は捨ててある量が少ないかなと思っています。
ミルワームは食べてくれるので口の中を怪我してるとかでは無いのかなと思っているのですが。嗜好性が強すぎて他のものを食べないのか。
最近はおやつでヒマワリの種を渡しても、その場で食べずに口の中にしまってしまいます。
後で食べてるのかなと思ったのですが、巣箱の中にヒマワリの種があったので。
以前はその場で食べていたのに。まだ我が家に来て4ヶ月ですので、違う行動を取ることもあるのかなと思っているのですが。


「管理者」さんの引用:
名刺ぐらいだと小さすぎると思いますよ。
キャベツの種類によって大きさが違いますが、キャベツをスイカみたいに1/2〜1/6の大きさに切って、それを我が家では、3つに手で分けて与えてます。ケージが3つあるから、3つに手で分けているんですが、ハムスターの食べ残しを見て、前回どの部分を与えたのかを考えて、同じ部分が当たらないようにしてますね。
分け方ですが、キャベツの葉の部分に指を入れて、芯ごとむしり取るような感じで割るので、キャベツによじ登って食べている時もありますよ。

小さすぎましたかorz
ペレットより大きければ良いかと思ってました。。。
次からそのようなあげ方にしてみます。。。


関係があるか分かりませんが、最近回し車に乗っていません。メッシュによじ登り齧るのは続けていますが。。。

散歩の時は入り口から私の手に乗ってきて、床に置いて散歩開始。

私のところをうろちょろし始めたらケージに戻すというようにしています。

木・金と私が風邪で寝込んでしまったので、主人にお世話を頼んだのですが、本棚の後ろに立てこまれてしまったようです。
土曜に私が世話をした時は立てこもりは無かったのですが。
彼女の中で何か違ったの。。。

ケージ内がヒマで飽きていてストレスということもあるのでしょうか?

★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。
名前
ティラミスプリン
表題:

Re: は虫類用ケージでの齧り


投稿日時:

お久しぶりです。
中々安定しない様子ですね…
体重に関してはこのまま減り続ける場合は危険だと思いますが元がその固体にしては太かった場合は問題ない範囲の重さだと思います。
しばらくはこまめに体重測定してあげて下さい。

齧り癖に関してはケージ<外になってるのが問題ですね。
やはり散歩が原因なのでは?
散歩が好きなのかすでに散歩の範囲も自分の縄張りとして意識していてそこに自由に行けない事に苛立っているのかは分かりませんが散歩をさせた事によって新たなストレス源を人間側が与えたのでは?と思います。
極端に言えばケージが巣箱、部屋がケージとハムは思っているのかも知れませんって事です。
私は散歩をさせた事がないのですべて推測ですのでこの事例を見てこう思った人もいる程度に捉えて下さい。

名前
ガチャピン
表題:

Re: は虫類用ケージでの齧り


投稿日時:

ティラミスプリン様

お久しぶりです。返信ありがとうございます。


「ティラミスプリン」さんの引用:
お久しぶりです。
中々安定しない様子ですね…
体重に関してはこのまま減り続ける場合は危険だと思いますが元がその固体にしては太かった場合は問題ない範囲の重さだと思います。
しばらくはこまめに体重測定してあげて下さい。

はい。毎日体重は図っております。
とりあえず体重が一定になってくれればと思っています。


「ティラミスプリン」さんの引用:
齧り癖に関してはケージ<外になってるのが問題ですね。
やはり散歩が原因なのでは?
散歩が好きなのかすでに散歩の範囲も自分の縄張りとして意識していてそこに自由に行けない事に苛立っているのかは分かりませんが散歩をさせた事によって新たなストレス源を人間側が与えたのでは?と思います。
極端に言えばケージが巣箱、部屋がケージとハムは思っているのかも知れませんって事です。
私は散歩をさせた事がないのですべて推測ですのでこの事例を見てこう思った人もいる程度に捉えて下さい。


そうですね。返信を読んでいて「確かに」と思うのですが、ここで散歩をやめさせてストレスを与えるのも怖いのです。

元々は散歩をさせていなかったのですが、齧りが酷くなってから出すようになって、(世話をする時に引き戸を開けると飛び出してくるので)毎日一定の時間散歩をさせるようになってからメッシュ齧りになりました。

齧る原因潰しでレイアウトを調節したりもしていて、死角のこともどうにかクリアし今に至るので、これからどう対策していこうか模索中です。

今主人とも話をしていて、ティラミスプリン様の言う通り、ケージ=巣箱、ケージの外=ケージと思ってしまっているのかなとも思いました。

散歩の時間以外の齧りは放置しています。
しばらくすると止めるんですが、いつか治まるのかなと思いつつ様子をみています。
その前に止めさせてあげたいとは思っています。


説明
我が家のセミ娘です。最近は給水ボトルにおしり乗せてしがみついてます。
ダウンロード回数
8回
ファイル形式
JPEG
★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。

名前
管理者
表題:

Re: は虫類用ケージでの齧り


投稿日時:
「ガチャピン」さんの引用:
うんちで確認しようかと思ったのですが、また巣箱荒らされたよ・・・と思って欲しくないので、その周辺を確認するのは1週間~2週間に一回にしています。

栄養が偏ったり、酷くなる場合もありますが、毎日回収して、溜めても無駄だとか、溜める意味がないと覚えてもらうこともできますがね。


「ガチャピン」さんの引用:
鳥のエサが悪い・・・普通の鳥エサだとは思うのですが。。。皮付きのやつです。

ペット用でレベルが高い物でも、普通に考えるとレベルは低いですからね。
普通に売っているエサは、相当悪いと思いますよ。


「ガチャピン」さんの引用:
以前はその場で食べていたのに。まだ我が家に来て4ヶ月ですので、違う行動を取ることもあるのかなと思っているのですが。

今飼っているジャンガリアンは、ペットショップで大きくなり、問題ある子を買ってきたんですが、巣箱にエサを溜めることはありませんでしたね。ペットショップでは、巣箱にエサを溜められないから、その代わりに、ほお袋に溜めっぱなしにしてました。
それをやめたのは、半年くらい経ってからですね。


「ガチャピン」さんの引用:
関係があるか分かりませんが、最近回し車に乗っていません。メッシュによじ登り齧るのは続けていますが。。。

ケージの外を歩きたいから、走らないのではないですかね?

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。