やけど(やけど)

症状

  • 皮膚が炎症を起こして赤くはれる。

原因

  • 熱湯に落ちた。
  • ヤカンやストーブなど熱い物にさわった。
  • 電源ケーブルを囓った。
  • ヒーターが熱い。
  • ヒーターやサーモスタットが故障した。

治療

  • 応急処置として、すぐにぬれタオルなどをつかって患部を冷やす。
  • 程度により死ぬ可能性があるので、すぐに病院に連れていく。

予防

  • 危険な物を片づける。
  • 台所などでは散歩をさせない。

アドバイス

火傷(やけど)は熱傷(ねっしょう)とも言われ、人間ではありふれた怪我ですが、ハムスターは自分で火を使わないため、ほとんどが散歩や脱走中の事故が原因です。

驚くと予想外の方向に走ることがあるため、ペット部屋の暖房は電気ストーブよりファンヒーターやエアコンを使いましょう。
邪魔だと思うと、囓って排除しようとすることがあるため、ケーブルはハムスターの巡回ルート(壁沿いなど)に這わさないこと。
隙間やカーテンを使って高い所に登ることがあるため、なるべく台所や食卓の近くでは飼わないこと。

ヒーターの表面温度は、小動物用のパネルヒーターが50℃、爬虫類用の保温電球が200℃、人間用のストーブは300℃〜1000℃以上あります。
ヒーターは暖める道具なので、直接触れると火傷してしまいます。
40〜50度の低い温度でも、長時間触れ続けると低温火傷(ていおんやけど)します。
直接触れなくても、温度が高いと熱射病になるため、ヒーターは正しく設置しましょう。

日本の冬はハムスターの生息地より寒いため、何らかの方法で保温する必要があります。
ベテラン飼い主は熱量の高いペット用ヒーターを使うことが多いですが、設置方法に工夫したりサーモスタットを利用しているため、火傷の話は聞いたことがありません。
ヒーターの熱量が足りずに疑似冬眠しかかったり、病気になり慌ててヒーターを設置して冬なのに熱射病になりかかった、時々聞きます。
病気になると、感覚が鈍ったり、眠る時間が増えたり、動けなくなるため、特に注意が必要です。

ハムスターも温かい食べ物を食べられます。
食べ物を暖めると香りが良くなり消化しやすくなるため、病気のハムスターに焼いたパンや焼き芋などの、温かい食べ物を時々与えることがあります。
無理に口元に持て行くわけではなく、香りにつられてハムスターから寄ってきて食べます。
初めて食べると、食べ物が熱いとは思っていないようで、熱さにビックリして走ることがあります。
そして熱かったと理解できると、すぐに食べ物の場所に戻って、ハフハフしながら食べるようになります。
脱走中に盗み食いするときには、驚いて食器を倒したり、鍋の中にはまったりして、体だけでなく口の中も火傷する可能性があります。
人間には害がない食べ物でも、食中毒になることがあるため、脱走や散歩中に盗み食いさせないようにしましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。