ペットフードの危険性

投稿日時:
投稿者:USER0021

ベビーフードとはちょっと違うのですが、この間、本やへ行ったときに、宝島出版からでている、ペットフードの危険性をうったえる本が並んでました。
本のタイトルははっきり覚えてないのですが、ペットフードの材料には、どうせ人間が食べるものじゃないのだからということでとんでもなく質の悪いものが使われていたり、薬物まみれになっているものも多いそうです。とくに最近のペットブームにより発売された、嗜好性の高いものが危険みたいです。
この本は、犬猫のペットフードの現状を告発するという意図で書かれた本なのでハムスターのフードに関してはわかりませんが、きちんとした成分表示がないペットフードは危険だということでまとめていました。

投稿日時:
投稿者:USER0027

ペットフードの材料には、どうせ人間が食べるものじゃないのだからということでとんでもなく質の悪いものが使われていたり、薬物まみれになっているものも多いそうです。とくに最近のペットブームにより発売された、嗜好性の高いものが危険みたいです。

お世話になっていた獣医さんに聞いたのですが、[USER_NAME]さんの言われるように、クッキーのような甘い香りをつけたりしている嗜好性の高いものは、あげないほうがいいそうです。
人間の食品より添加物についての規制がずっとずっと甘いそうです。

投稿日時:
投稿者:USER0028

ペットフードの材料には、どうせ人間が食べるものじゃないのだからということでとんでもなく質の悪いものが使われていたり、薬物まみれになっているものも多いそうです。とくに最近のペットブームにより発売された、嗜好性の高いものが危険みたいです。


 やっぱり、そんなことあるんですね。
 嫌だなあ。。。。

 これはいいのか悪いのかわからなかったんですが、ハムスターの配合飼料で、缶詰になってて、いろんな穀物や、乾燥野菜やコーンフレークみたいのが入ってるやつがありますよね?うちのおハム達は、あれが嫌いで全然食べなかったんです。
みたところ、乾燥野菜みたいなのは結構色がついてるし、餌自体なんだか甘い香りがしてました。で、結局食べたがらないので、もったいないけど廃棄処分にしたんです。でも、この配合飼料って、ハムスターの飼育書には大体載ってるし、どこのペットショップでもおいてあります。
 皆さんのなかでこの餌を使ってる方はあるでしょうか?
 結構、香料とか着色料とかが気になったんですが、実際にハム達には影響しないものなのか、誰かおしえてください。

 えっと、話しはちょっと変わるんですけどお勧めのおハムのおやつです。

 フィルムケースのような入れ物に入った「大好きん」という乳酸菌のおやつです。
 ヨーグレットを甘くなくしたような味で、おなかに優しい。。。。と思います。
 天国の伊藤ちゃんが大好きで、いつも真っ先に食べてました。
 彼は元々おなかがゆるいほうだったのですが、これを与えるようにしてから、少しおなかの調子がよかったようでした。
 
 ちょっとお値段は高めですけど、試してみていいんじゃないでしょうか?

投稿日時:
投稿者:USER0047

みたところ、乾燥野菜みたいなのは結構色がついてるし、餌自体なんだか甘い香りがしてました。で、結局食べたがらないので、もったいないけど廃棄処分にしたんです。でも、この配合飼料って、ハムスターの飼育書には大体載ってるし、どこのペットショップでもおいてあります。

ハムスターの飼育書に関しては、ペットフードの危険性についてはあまり注意してないものが多いように感じます。
単純に、かってに好きなものあたえるよりペットフードを与えた方がいいですよって感じの文書をよく見かけます。
たまに成分表のついているものを与えるようにの記述があるものもありますが。

皆さんのなかでこの餌を使ってる方はあるでしょうか?
結構、香料とか着色料とかが気になったんですが、実際にハム達には影響しないものなのか、誰かおしえてください。

香料、着色料も多少危険があると思われます。
でもそれいじょうに基本的な材料の方が危険らしいです。
本来とても食べられないクズをコストを下げるために利用したり、腐りかけたものを利用するとか、その為防腐剤漬けにしてしまうといった事が平気で行われているらしいです。
ドックフードから大量のホルマリンが検出された事例もあるそうです。
そういったものをごまかすために、香料やら着色料を使用したり。

アニファNo6秋号にも『ハムスターの栄養学』の中で食べ物なのに成分表がないのはおかしいといった記事がでています。
人間が食べて見ておいしいと感じるということは何か人工的なものが使用されている可能性があるとも書かれています。

実験動物用のペレットの成分分析の表もでています。
このペレットはニッパイのハムスターフードとそっくりのやつです。
とりあえずハムスターフードを主食にして、あと補助にひまわりの種、野菜、煮干し等をあたえれば安心だとはおもうのですが。

ハムスターフードでも心配というのでしたら、池田牧場で1パック100円で20〜30粒のペレットが小分けして販売されているのでそれを利用してみるとか。

どちらにしろよく食べるからという与え方はよくないと思います。
おいしい味を知ってしまうと、おいしい物しか食べなくなってしまう可能性もあります。
子供でも、ご飯より、お菓子ばかり食べたがりますよね。
本能のままのハムならなおさらです。

うちのハム達はジャンガリアンハムスターには不評のハムスターフードを結構よろこんで食べてます。
大きいままあたえても、かかえこんでカジカジしてます。
[USER_NAME]さん宅からやってきたチョコも、[USER_NAME]さん宅ではハムスターフードを与えた事はなかったとの事ですが、初日からかじってました。
これは私の考えですが、ジャンガリアンハムスターに不評というより、ジャンガリアンハムスターがかわいいのでいろんなものを食べさせておいしい味を覚えてしまい、ハムスターフードの味では満足できなくなってしまったという事はないでしょうか。
味覚が贅沢になってしまったとか・・・
それともうちのハム達が特別なのかな?
ハムスターフードとひまわりの種以外のペットショップで販売されているフードを与えても、ほとんど食べないので・・・ひどい物になると食べ物として認識さえしてくれない。
うちではいろいろ与えた結果、食べてもらえたのがハムスターフードとひまわりの種。

投稿日時:
投稿者:USER0010

「クロハラハムスターやーい」の[USER0010]です。
スローレスポンスで申し訳ないですが、

ペットフードの材料には、どうせ人間が食べるものじゃないのだからということでとんでもなく質の悪いものが使われていたり、薬物まみれになっているものも多いそうです。とくに最近のペットブームにより発売された、嗜好性の高いものが危険みたいです。

昨今のPL法騒ぎなどもあって、犬猫用のペットフードは、大手ではかなり神経を使って製造しているようです。
単に「弁償が大変」といったところもあるのでしょうが。

この本は、犬猫のペットフードの現状を告発するという意図で書かれた本なのでハムスターのフードに関してはわかりませんが、

ハムスターは犬猫と比べて安いですから、「どうせネズミ用」てな感じで危ないかも知れませんね。
その点、研究施設用の大袋製品なんかの方が安全かも。

きちんとした成分表示がないペットフードは危険だということでまとめていました。

でも、素人が成分表示を読みこなすのは、結構大変ですよね。