ハムスターのダイエット用ペレットについて

表題:

ハムスターのダイエット用ペレットについて


投稿日時:
名前
ミミ子62

ハムスターのダイエット用ペレットについて(※長文です)

現在9~10ヶ月になるジャンガリアンハムスターのメスを飼育しています。
性格は、食べるのが大好きで、回し車も結構走ります。
餌は、ペレットと少量の野菜を毎日あげ、週1回のケージお掃除の際にオヤツ(カボチャ種を1個)あげています。

さて、この子ですが、1ヶ月ほど前から体重が急に増えだしました。
元々の体重は40g弱で、現在は45gから46gです。
44gとなったところで心配になり、病院に行ったところ、案の定、「ちょっとおデブさんだね~、45gは超えないように気をつけて。」と言われてしまいましたが、昨日計ったら既に46g・・・
調べるとメスの適正体重は30~40gのようですが、大丈夫でしょうか。
特にここ2週間くらいは毎週1g程度増えています。

そこで、体重維持の(これ以上増やさない)ために、ペレットをいろいろと考えているのですが、どれがよいのか分かりません。
ハムスターのダイエットフードを考える際は、タンパク質、脂質、カロリーの、何を一番重視したらよいのでしょうか。

(以下詳細です。)
元々あげていたペレットは高タンパク低脂質のもので、成分表にはタンパク質23%以上、脂質3%以上、カロリー295kcal/100gと記載されています。
3月頃に40gを少し超えたため、ペレットを4gから3.5gに減らしたところ、40gを切るくらいまで戻り、適正体重の範囲内になったのですが、ストレスからか回し車の、車の部分を1日に何回も、1回あたり5分以上カリカリと囓るようになってしまいました。
(プラスチック製ですが削れてはいないので、かけらを食べるような心配はありませんでしたが、不正咬合が心配で木製の回し車に変更しました。)

その後、ストレスが心配になり、ペレットを4gにし、そのうちの1gはハムスター ○レミアムフード ドワーフ(タンパク質19%以上、脂質2.5%以上、359.3kcal/100g)にしました。これは、もともとのペレットだとタンパク質が多すぎるかなと思ったからです。(当時生後7~8ヶ月)
しかし、少しずつ体重が増え始めたため、さらに4gのうち1gをダイエット用のペレットに変更しました。
ダイエット用のペレットは、ハムスター○ラス ダイエットライト(タンパク質16%以上、脂質3%以上、330kcal/100g)です。

そして、このダイエットライトがお気に召さないようでした。
今まではペレットをあげるとすぐに飛びついて、あっという間になくなっていたのですが、深夜0時頃になってもダイエットライトだけが綺麗に残っている状況。
一応、朝にはなくなっているので、気に入らなさそうだけど食べてくれるのでと、少しずつダイエットライトの割合を増やしていきましたが、やはり深夜0時頃まではダイエットライトだけ一切減らず。
しかも、ダイエットライトを混ぜ始めた頃から体重の増加が1週間で1g~2gに。

病気ではと心配になり病院に行ったところ、視察と糞便検査では特に異常はありませんでした。
そして先生に、「ダイエットフードに切り替えた方が良いよ。」と言わたため、その日はダイエットライトのみにしました。
やはりお気に召さないのか、なかなか食べてくれず・・・さすがに深夜までに少しは減りましたが、確実に食事の時間が遅くなっています。
ペレットをあげても、えさ入れまで行っては食べずに回し車を走っての繰り返しでかわいそうでした。朝にはなくなってはいますが。
そして、体重はまた少し増えていました。これでは、ストレスだけ与えて体重は増えて、悪いことしかないと感じて、ハムスターに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ダイエットライトのみにしてからはまだ数日しか経っていませんが、このまま太り続けたら・・・と心配で自分のストレスにもなっています。
(食事の時間が遅いと太りやすくなるとも聞いたため、さらに心配です。)

長文・乱文で申し訳ありませんが、アドバイスいただけると嬉しいです。

表題:

Re: ハムスターのダイエット用ペレットについて


投稿日時:
名前
管理者

「ミミ子62」さんの引用:

現在9~10ヶ月になるジャンガリアンハムスターのメスを飼育しています。

毛色はなんでしょうか?

「ミミ子62」さんの引用:

さて、この子ですが、1ヶ月ほど前から体重が急に増えだしました。

急に増えたりするときは、甲状腺などの病気もあります。

「ミミ子62」さんの引用:

調べるとメスの適正体重は30~40gのようですが、大丈夫でしょうか。

平均値などのデータは、実験動物のデータが基になっているので、参考程度でいいですね。
栄養状態が良いと体が大きく育ち平均体重よりも重くなりますが、増えるはずのない時期に増えたのは問題です。

「ミミ子62」さんの引用:

ハムスターのダイエットフードを考える際は、タンパク質、脂質、カロリーの、何を一番重視したらよいのでしょうか。

体重が増えた原因が分からないと、重視する栄養は分からないですよね。
実験動物用ペレットなどの基本フードはゴールデンハムスター用で、それ以外は想像で作っているだけので、ペレットだけ不十分です。
ダイエットフード、シニア用フードはもっと危ないです。
基本的に小型のハムスターほどタンパク質が必要なので、ミルワームを与えることを薦めています。

「ミミ子62」さんの引用:

ペレットをあげても、えさ入れまで行っては食べずに回し車を走っての繰り返しでかわいそうでした。朝にはなくなってはいますが。

内臓の病気で食べたくても食べられない状態になると、同じような行動をするので、覚えておくと良いです。
飼い主はわがままだと思い込み、病気を見逃す原因になります。
ハムスター自身は食べると調子が悪くなることが分かっていても、空腹に耐えきれず食べてしまい、さらに調子が悪くなることもあります。

太れることは、消化、吸収、排泄に問題が無く、骨格と筋肉も作る余裕がある健康な個体です。
そんな個体が、何か必要な栄養があり与えている餌では足りず食べ過ぎる、食べないのは食べたくない栄養があると考えましょう。
実験動物用ペレット実験動物タイプのペレットを基本にして、鳥の餌やミルワーム、野菜を副食として与えます。
副食から足りない栄養を、ハムスター自身が選んで補ってもらう感じです。
特に病気がなくても、ベテラン飼い主の餌はこのように与えています。
その中で、何を優先に食べているか、食べる量の変化などを確認して、体質や病気を探すヒントにしています。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: ハムスターのダイエット用ペレットについて


投稿日時:
名前
ミミ子62

「管理者」さんの引用:

毛色はなんでしょうか?

毛色は一般的な茶色です。写真も添付します。

「管理者」さんの引用:

急に増えたりするときは、甲状腺などの病気もあります。

そうなんですね、それは怖いです…
5日前に病院に行ったときは健康そうと言われたので、もう少し様子を見て、増え続けるようなら、また病院に行ってみます。

「管理者」さんの引用:

実験動物用ペレットなどの基本フードはゴールデンハムスター用で、それ以外は想像で作っているだけので、ペレットだけ不十分です。

「管理者」さんの引用:

基本的に小型のハムスターほどタンパク質が必要なので、ミルワームを与えることを薦めています。

ドワーフのための栄養を調べても分からなかったのは、そういうことなんですね。
ミルワームは、半年くらいまでは3日に一匹あげていました。逆にそのせいで太りやすくなることはありますか?

「管理者」さんの引用:

太れることは、消化、吸収、排泄に問題が無く、骨格と筋肉も作る余裕がある健康な個体です。
そんな個体が、何か必要な栄養があり与えている餌では足りず食べ過ぎる、食べないのは食べたくない栄養があると考えましょう。
実験動物用ペレット実験動物タイプのペレットを基本にして、鳥の餌やミルワーム、野菜を副食として与えます。
副食から足りない栄養を、ハムスター自身が選んで補ってもらう感じです。

今のところ、野菜(キャベツ、にんじん、カボチャ、ブロッコリー、大根の葉)、オオバコや三つ葉、ミルワーム等なんでもあげれば手から奪うように取って食べます。何もかも栄養が足りないのでしょうか。


説明
冬に毛が白色になり、まだ完全な茶色には戻っていません。
ダウンロード回数
2回
ファイル形式
JPEG
表題:

Re: ハムスターのダイエット用ペレットについて


投稿日時:
名前
管理者

「ミミ子62」さんの引用:

冬に毛が白色になり、まだ完全な茶色には戻っていません。

ウィンターホワイトじゃないですか。うらやましい!
下毛が残って膨らんで見えますが、写真を見る感じでは太くはないですね。
写真は耳が下がって見えるので、少し緊張している状態ですかね?

「ミミ子62」さんの引用:

ミルワームは、半年くらいまでは3日に一匹あげていました。逆にそのせいで太りやすくなることはありますか?

あると思いますよ。
体毛が減るなど夏には細くなりやすい個体なので、換毛に必要な栄養が足りず、夏モードになってないとかですかね?
雑食性の鳥の餌は3分餌、7分餌とタンパク質の割合の違う餌があって、鳥の種類や時期によって変えて与えます。
実験動物ではない動物は必要な栄養が分からないので、野生で何を食べているのか、何を欲しがるのかの蓄積で、ざっくりとした栄養を決めてるようです。
ハムスターも同じように、種類によってタンパク質の割合を変える必要があります。
なので、ミルワームは与えましょう。

「ミミ子62」さんの引用:

なんでもあげれば手から奪うように取って食べます。何もかも栄養が足りないのでしょうか。

逆に体調が良くなって、本来の食欲に戻ったということもありますよ。
ダイエットフードなど何か減らした餌を与えるのではなく、基本フードに加える感じで与えましょう。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: ハムスターのダイエット用ペレットについて


投稿日時:
名前
ミミ子62

「管理者」さんの引用:

ウィンターホワイトじゃないですか。うらやましい!
下毛が残って膨らんで見えますが、写真を見る感じでは太くはないですね。

ウィンターホワイトって言うんですね!
名前からして、ちゃんと冬モードにはなってくれていたのかな…
太ってないか心配だったので、少し安心しました。

「管理者」さんの引用:

体毛が減るなど夏には細くなりやすい個体なので、換毛に必要な栄養が足りず、夏モードになってないとかですかね?

「管理者」さんの引用:

ハムスターも同じように、種類によってタンパク質の割合を変える必要があります。
なので、ミルワームは与えましょう。

タンパク質が必要な時期だったのですね。最近は太ることが心配で、ほとんどミルワームをあげていなかったので反省しました。さっそく今日、ミルワームをあげました。

アドバイスいただいたとおり、普通のペレットをメインに、ミルワームなどで調整したいと思います。ありがとうございました。


説明
完全な真っ白ではありませんが、冬はしばらくこの色でした。
ダウンロード回数
1回
ファイル形式
JPEG