生後1年のジャンガリアンが急に餌を残すようになった

表題:

生後1年のジャンガリアンが急に餌を残すようになった


投稿日時:
名前
Gomaz

ハムスターの情報
ジャンガリアンハムスター パールホワイト
1歳、体重約48g

2週間ほど前から、急にハムスターが餌を残すようになってしまいました。
いつもはハムスタープラスを4gに週に1回、ひまわりの種やチーズ、野菜などを1、2種類与えていました。
半年前くらいからは、体重を46-50gを維持していました。
それが今では39gにまで落ちてしまいました。
どこか具合が悪そうには見えず、毎晩滑車で回っていたりと元気ではあるように見えます。

最初は部屋が寒いのかと思いエアコンの温度を24℃にしました(これまでは22℃に設定。去年の冬はずっと22℃にしていました)。
また、餌を食べなくなる前からヒーターをケージの一部分に敷いています。
温度を上げて2日様子を見ましたが体重は落ちていく一方。

病院に連れて行き、糞の顕微鏡検査、レントゲン、歯や頬袋なども診察してもらいました。
しかし異常は何も見つかりませんでした。
獣医さんは1胃腸の動きが悪くなってる2餌の味に飽きた、または今の餌の風味が劣化しているという可能性があると仰っていました。

胃腸の動きをよくする薬をいただき毎日2回あげています。
餌も新しいハムスタープラスとハムスターセレクションを買って、半分ずつ与えています。
しかし、食べても半分くらいがマックスです。
ひまわりの種も剥くのですが、巣に溜め込んでいるだけのようです。
乾燥チーズやブロッコリースプラウトなどペレット以外のものは口にします。
硬いものが食べれないのかな?とも思いますが、異常はないようで…どうすれば良いのか分かりません。
今日、カスタムラックスという粉ミルクを買って、与えてみたところ気に入って口にしてくれたので、ペレットに振りかけて与えています。
食べてくれると良いのですが…
先週病院へ行って、かなりストレスを与えられたので、薬や餌の様子見も兼ねて、とりあえず1週間あけてから病院に連れて行こうかな、と考えています。

同じようなハムちゃんが良くなった!とかアドバイスがあればよろしくお願いいたします。
長文失礼致しました。

表題:

Re: 生後1年のジャンガリアンが急に餌を残すようになった


投稿日時:
名前
管理者

「Gomaz」さんの引用:

ひまわりの種も剥くのですが、巣に溜め込んでいるだけのようです。

脂肪分で胸が悪くなるとか、古くて酸化しているとかですかね?
普通は剥いて保管しないですから、巣箱が小さいとかもありますね。

「Gomaz」さんの引用:

餌も新しいハムスタープラスとハムスターセレクションを買って、半分ずつ与えています。

片方はお薦めして無くて、もう片方は食べなくなるペレットですね。
何か添加しているエサは、胃腸に負担がかかる物が多いので、用品検索のエサに掲載しているエサから、良さそうな物を選んでください。

「Gomaz」さんの引用:

今日、カスタムラックスという粉ミルクを買って、与えてみたところ気に入って口にしてくれたので、ペレットに振りかけて与えています。

牛乳を飲むとアルコールの吸収が抑えられたり、風邪をひいたときに乳製品を食べると吐くのは、乳製品の脂肪分が消化しづらいからで、ハムスターのような省エネ動物に乳製品は与えるべきではないですね。

「Gomaz」さんの引用:

薬や餌の様子見も兼ねて、とりあえず1週間あけてから病院に連れて行こうかな、と考えています。

健康なのに薬が出たんですか??
獣医師の診断で健康だと言われたのなら、エサが悪いのではないの?としか言えないですね。
与えているペレットは両方とも硬いので、実は歯の根元が折れていたとかはありそうですが。
何にせよ、体重が減るくらい食べないのはまずいですね。

基本的に、主食は添加物の少ない実験動物用のペレットで、副食に鳥のエサ、水分補給にキャベツ、タンパク質補給にミルワームですね。
いろいろ考えて与えているようですが、健康的そうなキャッチコピーのエサは、素材の品質が悪いから消化しづらい物を添加して逆効果になることもあるし、何らかの症状が出たときに原因か分かりづらいので、できるだけエサはシンプルにすべきですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: 生後1年のジャンガリアンが急に餌を残すようになった


投稿日時:
名前
Gomaz

「管理者」さんの引用:

脂肪分で胸が悪くなるとか、古くて酸化しているとかですかね?
普通は剥いて保管しないですから、巣箱が小さいとかもありますね。

なるほど…。3か月ほど前に買ったものなので、風味の劣化があるかもしれないです。

「管理者」さんの引用:

片方はお薦めして無くて、もう片方は食べなくなるペレットですね。
何か添加しているエサは、胃腸に負担がかかる物が多いので、用品検索のエサに掲載しているエサから、良さそうな物を選んでください。。

ありがとうございます。用品検索のリストにあるほかのペレットを買ってみます。

「管理者」さんの引用:

牛乳を飲むとアルコールの吸収が抑えられたり、風邪をひいたときに乳製品を食べると吐くのは、乳製品の脂肪分が消化しづらいからで、ハムスターのような省エネ動物に乳製品は与えるべきではないですね

リスやハムスターの離乳食や歯の調子が悪くなったりして栄養が取れない時に与えるといいと聞いたので、与えていました…。
もう少し与える餌を調べて、健康にいいものを与えてみますね。

「管理者」さんの引用:

健康なのに薬が出たんですか??
獣医師の診断で健康だと言われたのなら、エサが悪いのではないの?としか言えないですね。
与えているペレットは両方とも硬いので、実は歯の根元が折れていたとかはありそうですが。
何にせよ、体重が減るくらい食べないのはまずいですね。

基本的に、主食は添加物の少ない実験動物用のペレットで、副食に鳥のエサ、水分補給にキャベツ、タンパク質補給にミルワームですね。
いろいろ考えて与えているようですが、健康的そうなキャッチコピーのエサは、素材の品質が悪いから消化しづらい物を添加して逆効果になることもあるし、何らかの症状が出たときに原因か分かりづらいので、できるだけエサはシンプルにすべきですね。

獣医さんには、レントゲンや糞の寄生虫検査、触診などを行ってもらいました。歯が折れていたり、根元に異常があるというのは見受けられませんでした。また、内臓器官にも見た目上は異常はないようでした。
ですので、消化機能が低下している可能性があるとして、腸の動きをよくするお薬を頂きました。
やはり、ハムの体に何かあるというよりは、餌側の問題の可能性があるようですね。教えて頂いたとおりに餌を与えてみます!

アドバイスありがとうございました!