斜頸(しゃけい)

症状

  • いつも首をかしげている。
  • 食欲不振。
  • めまい。
  • 転倒する。

原因

治療

  • 細菌性の場合、飲み薬(抗生剤)で治療。

予防

  • 細菌が繁殖しなうように、ケージを清潔に保つ。
  • 様子のおかしい個体は繁殖させない。

アドバイス

筋性・炎症性・外傷性眼性・骨性・習慣性の斜頸などいろいろありますが、細菌が原因で起こることが多いようです。

先天性(遺伝的)のものがあり、うちのチャイニーズハムスターは飼ってきた時から、少し首をかしげたようになっていました。
軽いものなので、家に持って帰って見るまで気づきませんでしたが、数ヶ月後、脊椎に無理がかかっていたようで、悲惨な死に方をしました。
首や背骨の曲がってしまうため、痛みだけでなく様々な神経にトラブルが起こります。

それとは反対に、後天性の斜頸の場合は事故や飼育環境によるもので、90度近く首が傾く場合もあるようです。
ウサギに多い病気のようですが、ハムスターもかかるようです。
病気が治っても、首が曲がったままになることもあり、飼い主としては見ていられなくなるので、きっちり直してあげましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。