実験動物施設でのハムスターの適温

投稿日時:
投稿者:USER0089

[USER0089]です.

参考になるかどうかわかりませんが...

このままではやばいので、学校の虫の飼育室に疎開させようかと考えています。虫の部屋は25℃なのですが、湿度は高くしてあります(湿度70%以上)。
そこで質問なのですが、このようなところにハムを置いといても大丈夫でしょうか。ジャンガリアンハムスターは中国原産なので温度はこの程度で良いと思うのですが、湿度が高いので気がかりです。以前マウスをこの部屋で飼ってたことがあったのですがそのときは平気でした。

(動物施設のガイドラインとしての)基準値は存在します.
マウス・ラット・ハムスター・モルモット等では,
温度
目標値  23プラスマイナス1℃
推奨値  20〜26℃
許容範囲 18〜28℃

湿度
目標値  50プラスマイナス5%  
推奨値  40〜60%  
許容範囲 30〜70%

これらの値はラットおよびマウスで検討されたものです.
高湿度では,空中の細菌数,アンモニア濃度(この場合は関係ないですね)が増加しやすく,ある種の感染症の発症率が高くなるとのこと.ラット・マウスの場合,低湿度のほうが,餌をとる量や活動性が増すといわれています.
#ハムのことはよくわかりません.すみません.

でもこの部屋はクマネズミが出るのです。マウスの時も様子を見に来たようでケ-ジの周りに糞や尿がしてありました。

ネズミの仲間に共通の感染症は存在します.←ということを心配されているのですか?

しかし、一番の問題は技官のおっさんに怒られることです。

当然のことであると思います.←立場上こう書いておきます.あしからず.

投稿日時:
投稿者:USER0146

[USER0146]です。

ハムスターの適温て、26度くらいまでといわれているようですが、適温じゃなくて上限というか、だいたい皆さんは夏はどのくらいの気温にするようにしているのでしょうか?

飼育書を見てると大抵同じような温度を適温としてあげてるのですが、なんでこの温度なのかなぁ、どうやって適温って調べたのかなぁって思っていたのですが、これって実は実験動物を効率よく健康に育てるためのガイドラインってのがあってそれに従った数字だったのですね。

獣医実験動物学なんちゅう本がありまして、その中の実験動物の飼育管理のページの中に温度や湿度のことが書かれてあります。それによりますと「マウス、ラット、ハムスター類、モルモットは20〜26度」となってます、なんでこの温度帯かっていうとマウスとラットを使って、出産率や産子数、離乳率や体重の増えかた、心臓・腎臓・肝臓の各機能なんかを調べた時に「各種測定値に有意差が認められなかった」のがどうも20〜26度となるらしいのです。(調査項目によって幅は違うのですが、全ての項目の幅が一致する温度帯ってことです)
#ちなみに「目標値23±1度」「推奨値20〜26度」「許容範囲18〜28度」となっています。飼育書で良く見かける数字ですよね。:-)
ではこの温度帯をはずすと即影響が出るかっていうと、そんなことはないですってことはおわかりと思います。
この温度帯を外すと*個体によって*は成長が悪かったり、ちょっと内臓に負担がかかったりってことです。
湿度に関しては40〜70%が基準値となってるようです。

最近の暑さでは、エアコンで25度〜26度になるようにしているのですが、クーラー病になったりしないかなぁなんて思ったりもして。
#実はクーラー病自体が、なんだかよくわからないのですが。

クーラー病って涼しい部屋と暑い屋外などの温度変化の大きいところを行ったり来たりしていると体が温度変化についていけなくてだるくなったりするんですよね。