脊椎椎間板疾患(せきついついかんばんしっかん)

症状

  • 発作を起こす。
  • 体の麻痺。
  • 背中が曲がる。

原因

  • ケージからの落下。
  • ハムスターを踏んづけてしまう。
  • その他の圧迫や衝撃。

治療

  • 消炎剤ならびにレーザーで消炎・沈痛処置。

予防

  • ケージを水槽タイプに変える。
  • 不用意にケージから出さない。

アドバイス

椎間板とは背骨の骨と骨の間にある、クッションの役割をする軟骨です。
背骨は脊椎動物の体を支え、中には神経や骨髄など体に重要な物があります。
背骨が悪くなると内臓まで圧迫することもあり、体が麻痺して動けなくなるだけでなく、内臓に問題が起こることもあります。

頭は下を向いていることが多く、四足歩行かつ猫背で暮らす動物のため、立ち上がったりジャンプするだけでも背骨に負担がかかり、椎間板ヘルニアになることもあります。
そんな姿をうれしがって餌を与えていると、ハムスターは餌がもらえると覚えてしまい、なかなか止めてくれません。
二足歩行も飼い主がきっかけで行うため、止めさせた方が良いです。

じっとしていることが得意なので、動けないことは人間に比べてストレスは少ない様です。
トイレや餌、毛繕いが困ります。
ウンチやオシッコを自分で出せない場合は、お尻を刺激するなどして、飼い主が排便の手助けしましょう。
毛繕いができないと、床に擦れて膀胱、肛門、生殖器臭腺などの病気になってしまうこともあります。

ぎっくり腰のような軽いものから、椎間板突出など、事故でなることが多いので、飼い主が気をつければ防げます。
骨折と原因や環境の改善方法も似ているので、骨折のページを見てください。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。