脊椎椎間板疾患(せきついついかんばんしっかん)

症状

  • 発作を起こす。
  • 体の麻痺。
  • 背中が曲がる。

原因

  • ケージからの落下。
  • ハムスターを踏んづけてしまう。
  • その他の圧迫や衝撃。

治療

  • 消炎剤ならびにレーザーで消炎・沈痛処置。

予防

  • ケージを水槽タイプに変える。
  • 不用意にケージから出さない。

アドバイス

椎間板とは背骨にある、クッションの役割をはたしているものです。脊椎動物び体の中心で、骨で体を支えるだけではなく、中には神経や骨髄など体に重要なパーツがあり、背骨を痛めてしまうと内臓まで圧迫したりすることもあるので、動けなくなるだけでは、すまないこともある。
ぎっくり腰のような軽いものから、椎間板突出など、事故でなることが多いので、飼い主が気をつければ防げます。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。