アレルギー性鼻炎(あれるぎーせいびえん)

症状

  • くしゃみ。
  • 鼻水。
  • 呼吸困難。

原因

  • 遺伝。
  • 針葉樹(シダ・パイン)の床材や巣材。
  • 食べ物のアレルギー。
  • 飼い主使っている化粧品や、床に塗ったワックスが原因の場合もあります。

治療

  • 床材、エサなどを変える。

予防

アドバイス

アレルギー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の2つ以上の症状が出る場合はアレルギーの可能性が高く、症状が1つしか現れない場合は、アレルギーでない場合が多いです。
まずは、鼻炎を疑いましょう。

針葉樹のウッドチップが原因になる可能性が分かっているだけで、アレルギーを起こすハムスターはほぼいません。
ペットショップで購入した時に発症していないのなら、自宅の環境や飼い方の問題です。
ペットショップでウッドチップを使って健康なのに、アレルギーになるからといってペーパーチップを勧められることもあります。

原因が特定できない、改善に消極的だと、アレルギーはストレスと同じく逃げ口上として使われがちです。
獣医師に相談しても、与えている餌や飼育環境まで詳しく分析できないので、「念のためウッドチップを変えてみては?」程度の話が大きくなることもあります。
自律神経を乱したり、免疫力が低下すると、アレルギーでなくても皮膚炎結膜炎鼻炎を発症しやすくなります。
夜が明るい、温度管理のできないヒーターを使って季節感が狂ってしまう、餌が消化しづらいなどが原因です。
体質が切り替わると治ってしまい、原因が分からないままだったり、治療の効果が出たと誤解することもあります。

牧草でアレルギーになることは、さらに少ないですが、乾燥した牧草から出る粉で鼻炎になることもあります。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。