子宮脱(しきゅうだつ)・膣脱(ちつだつ)

症状

  • 膣が反転して、体の外に飛び出している。

原因

  • 老化
  • 飼育環境の悪さ。

治療

  • 消炎剤、抗生剤の投与。
  • 症状がひどければ、手術で子宮を摘出する。

予防

  • NO DATA。

アドバイス

膣の粘膜が体の外に出てしまう病気です。
粘膜は硬い皮膚で覆われておらず、乾燥しやすい粘液などの分泌物で保護されているため、乾燥や傷、細菌に弱いです。
歩くたびに傷や細菌が付いて炎症を起こし、子宮蓄膿症などの病気になる可能性があります。
内臓が出てきて危ないくらいの認識で、治療しましょう。

お腹にできた腫瘍に押し出されたり、子宮蓄膿症が原因で発症することがあります。
無理に戻すと原因になっている病気が酷くなることもあります。

同じく粘膜が体の外に出てしまう直腸脱とは違って、無くては生きてゆけない器官ではないので、生殖器の病気は、不要なら手術で取ってしまうことが一番の解決策です。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。