近親交配・ハイブリッドの繁殖の危険性

近縁種同士と別種の交雑を実験動物で行ったデータです。
ペットとして売られているハムスターは、人工授精で妊娠させたりと、無茶なことをしていないことを願いましょう。

投稿日時:
投稿者:USER0102

[USER0102]です.

まず、基本的だと思いますが「妊娠中毒」だとすると、遺伝子の違いとか骨格の違いとはまた別の話ですね?
つまり ジャンガリアンハムスター×ジャンガリアンハムスター や C×C でもおこりうる....と。
#そういえばうちのピヨちゃんの流産はこれだったのか?

おもな原因など、ご存知の方があればよろしくお願いします。

あまり参考にならないかもしれませんが,

1.ハツカネズミの近縁種同士の交配例

(1)ハツカネズミMus musculusの亜種間の交雑
全ての組み合わせでこどもはうまれ,生まれたこどもは♂♀両方が仔を作ることができる.

(2)ハツカネズミMus musculusと比較的近縁の別種との交雑ハツカネズミに遺伝的に近い種から順に並べます.
Mus musculus x Mus spretus 生まれたこどもの♂のみ不妊.
Mus musculus x Mus spicilegus 生まれたこどもの♂・♀とも不妊.
Mus musculus x Mus caroli 生まれたこどもの♂・♀とも不妊.
これ以上遺伝的距離が離れると人工受精を行います(以下省略).

2.ラットの近縁の別種同士の交雑例
Rattus norvegicus x Rattus rattus (人工受精で)妊娠途中で流産.
   (ドブネズミ x クマネズミ)

いずれも交配した母親が交雑を理由に死を迎えるということはありません(マウス・ラットの場合は,別種同士の交雑でも少なくとも母体には深刻な影響は出ません).

もし,(遺伝的にかなり距離が近く,多分同種で別亜種の)ジャンガリアンとキャンベルを交雑した場合,交配した♀が死を迎えてしまうということになると,(生物学的には)希有な現象であるといえます.

妊娠したネズミ(といってもマウス・ラットですが)が死んでしまった場合,通常は
1.何らかの理由での妊娠中毒
2.感染症による体調の悪化・発病
(例)マウスの場合,肝炎ウイルスに感染していると,妊娠♀が死ぬことがよくあります.

等を疑います.

それでは失礼します.

投稿日時:
投稿者:USER0367

[USER0367]です。

家族構成:(たぶん)ジャンガリアン 「ウリ」♂ 推定1995年9月生まれ
(もしかしたら)キャンベル「茶子」♀ 推定1995年12月生まれ
およよ....
とりあえず♂と♀が逆じゃなくて良かったです。

あの〜。雄がキャンベルで雌がジャンガリアンだとなにかあるんですか?

科学的に証明されたりしているわけじゃないんですが、このMLで集めた事例によると大変危険だという意見が定着しています。
具体的には、一応妊娠はするんですが、出産時に母体に負担がかかりすぎるらしく、流産や死産してしまう確率が非常に高く、しかも母体そのものも助からない事が多いです。我が家ではそのことに気が付くのが遅かったため2匹をなくし、1匹は流産してかろうじて母体の命だけは助かったと言う事があります。このMLでは他の方からも少なくとも10件くらいは同じ組み合わせでの同じような現象が報告されています。

うちの子は2匹とも慣れすぎるくらい慣れてて、一人で部屋に出しておくと寂しがって駆け寄ってくる方なんですけど。

ということで、これもまだ学会などでも結論は出ていないらしいのですが、いまのところはキャンベルとジャンガリアンは別種であると言う認識をもって、不用意に交配させたりしないよう、この場で呼びかけています。