粗食なのに72gのジャンガリアン

表題:

粗食なのに72gのジャンガリアン


投稿日時:
名前
オリーブティー

いつもお世話になっております。

今回相談したいジャンガリアンの基本データは以下の通りです。

種類:ジャンガリアン(ノーマル)
性別:オス
年齢:1歳1か月
体重:72g(!?)
エサ:ピンク箱ペレット、鳩の餌、ビーポーレン、キャベツ
※成長期はミルワームを数日に一回与えていたが、今は中止している

タイトルのとおり、他に飼っているハムスターに比べてこの子だけ異常な太り方をしていることと、今後の対処について悩んでいます。

【経過】
生後2か月くらいの時にペットショップからお迎え。
その頃は20gくらいしかなく、小柄だった。
※ペットショップで与えていた餌はそのショップオリジナルのミックスフード
店員さん曰く「この子はわりと触らせてくれるんですよ~」とのことで、簡単につまみあげられていた。

お迎え後、小柄なのでミルワームを他の子よりやや多めにサービス。
回し車を昼も夜もほとんど使わず、ほんのたまに乗ったと思ったら数歩歩いてすぐ降りる。
どんくさい性格で、すべてにおいて行動がのろく、まるでゴールデンハムスターがボケているかのよう。

その後数ヶ月でどんどん大きくなり、生後4か月くらいで50g越え。
その頃にはミルワームはほかの子と同じ量にしていたが、このあたりでほかの子より少なめに変更。

妊娠してからペレットを食べなくなったで相談させていただいたパールホワイトとお見合い(同居はせず)

ペレットのみを与える生活を続けたが、どんどん太っていく。
60g代後半になり、もしかしてこれは腎臓などの病気によるむくみでは?と思い病院へ行ったところ、むくみではなく脂肪だとのこと。
触診・検便でも特に異常はなく「ペレットだけなのに体重が増えているのか…おそらく代謝が悪いのでしょう」とのこと。
その病院ではハムなんたらセレクションを勧められたが、変更はせず。

この子に必要な・適切な栄養素を知りたいと思い、鳩の餌のみを与えてみたところ、とうもろこしを多く残した。また、ほかの子は鳩の餌が大好きでみるまに吸い取るのに、この子は仕方なく食べているという感じ。
ペレットを与えたら喜んでかじりついた。
悩んだ末、ペレットに鳩の餌を添える形(ほかの子と同じ与え方)にする。

<現在>
増え続けた体重は72g前後で止まった。
相変わらず回し車は一切使わない。たまに乗ったかと思うと、そのままうとうとハンモック状態。逃げたいのだろうか…。
この時期でもエアコンをつけると(18度設定)暑く感じるのか、巣箱から這い出してきて涼しそうなところで寝る。

【太った原因について】
ストレス+幼少期のミルワームが多すぎたことによる脂肪細胞増殖かと思われる。
ただし、食べる量はほかのハムスターと比べてそんなに多くはない/なかった。むしろ他のハムスターより少なめ。
ストレス源は、恥ずかしながら思い当たらない状態。強いて言えばお見合い?会えなくて寂しがる様子は見られなかったが…。
お見合いがストレス源だとしても、そのほかにも何かあるはずであるが、思い当たらない……。

【相談したいこと】
おそらく、脂肪細胞が増えてしまったならこれより減らすことは難しいと思うのですが、今後の飼育は今まで通りでいいのでしょうか?
ストレス源が何なのかは今後も考え続け、改善し続けようと思います。
今後のこのハムスターの健康管理について、アドバイスをお願い致します。

表題:

Re: 粗食なのに72gのジャンガリアン


投稿日時:
名前
管理者

「オリーブティー」さんの引用:

年齢:1歳1か月
体重:72g(!?)

1歳だと繁殖に適した時期なので、最も美しく見える年頃だと思うのですが、さすがに2倍近く体重が重いのは、何かしら問題がありそうですね。
うちのサイト掲載してある体重より1.5倍くらい重いのは、私が飼っていても多々あります。
冬の体質でも多くて3割増しくらいですかね。

「オリーブティー」さんの引用:

店員さん曰く「この子はわりと触らせてくれるんですよ~」とのことで、簡単につまみあげられていた。

人間を怖がらない個体は、体が大きくなりやすいですね。
ロボロフスキーを多頭飼いしていると、早くエサを食べないと他の個体に盗られるので普通は必死で走ってくるのですが、焦らず逃げず、マイペースでエサをもらいに来たり残り物を食べている個体が一番体が大きいです。
慌てなくても良い理由があるんだと思います。

「オリーブティー」さんの引用:

60g代後半になり、もしかしてこれは腎臓などの病気によるむくみでは?と思い病院へ行ったところ、むくみではなく脂肪だとのこと。

筋肉量が少なく浮腫む個体は見た目で分からず本格的にまずいのですが、太って見えるのなら、深刻ではなさそうですね。

「オリーブティー」さんの引用:

その病院ではハムなんたらセレクションを勧められたが、変更はせず。

正解だと思います。

「オリーブティー」さんの引用:

この子に必要な・適切な栄養素を知りたいと思い、鳩の餌のみを与えてみたところ、とうもろこしを多く残した。

鳩のエサや餌用のトウモロコシもいろいろありますが、トウモロコシよりペレットを優先して食べるのは、ちまちま食べるのがめんどくさいんですかね?
さらにめんどくさそうな、粟玉などの小鳥用のエサは食べるんでしょうか?

「オリーブティー」さんの引用:

相変わらず回し車は一切使わない。たまに乗ったかと思うと、そのままうとうとハンモック状態。逃げたいのだろうか…。

食べ物は不足しているとよく走りますが、満足しているということでしょうか?

「オリーブティー」さんの引用:

この時期でもエアコンをつけると(18度設定)暑く感じるのか、巣箱から這い出してきて涼しそうなところで寝る。

体が冬の体質かつ肥満で、18度なら暑いのかもしれないです。

「オリーブティー」さんの引用:

おそらく、脂肪細胞が増えてしまったならこれより減らすことは難しいと思うのですが、今後の飼育は今まで通りでいいのでしょうか?

繁殖の計画が無く、健康なら無理に痩せさせる必要もないと思いますが、2倍はさすがに重いですよね。
聞いている感じでは飼育方法にトラブルはなさそうなので、ペレットが好きなら長期飼育用のペレットに変えるかですかね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: 粗食なのに72gのジャンガリアン


投稿日時:
名前
オリーブティー

ご返信ありがとうございます。遅くなって申し訳ありません。

「管理者」さんの引用:

鳩のエサや餌用のトウモロコシもいろいろありますが、トウモロコシよりペレットを優先して食べるのは、ちまちま食べるのがめんどくさいんですかね?
さらにめんどくさそうな、粟玉などの小鳥用のエサは食べるんでしょうか?

粟をふさごと与えてみたところ、他のハムスターのようにかぶりつきはしましたが、途中で飽きてところどころかじり跡が残ったようになっていました。
他のハムスターに与えると実を全部とった残骸がケージに残りますが、この子は実がまだついたままの状態で飽きたようです。
やはり面倒くさがり屋説濃厚ですね。

「管理者」さんの引用:

繁殖の計画が無く、健康なら無理に痩せさせる必要もないと思いますが、2倍はさすがに重いですよね。
聞いている感じでは飼育方法にトラブルはなさそうなので、ペレットが好きなら長期飼育用のペレットに変えるかですかね。

早速長期飼育用を購入して与えてみました。
いつものペレットだと思って喜んでかじりつくも、一口食べてものすごく不満そうな顔をしました。
それしか与えていないので、しばらくしたら以前と同じように食べていましたが。
しばらくは、このペレットで様子を見てみようかと思います。
フィードワンの緑色パッケージの餌もいいかなと検討しております。

ありがとうございました。